オススメ

トラと魚と野菜と

トラが好きです
時々、海で釣りをします
家庭菜園で野菜作りを楽しんでいます

  • 2016.07.28 Thursday

お見事

2016.7.28
いや〜!びっくりしましたね。1イニングに10連続打数安打、9得点。
やればできるじゃないですか、お見事!

能見さん、久しぶりの完封。期待されるベテランが好投すると安心感ががあり、お見事!



先日の秋冬野菜、順調に発芽していました。
お見事!

  • 2016.07.27 Wednesday

業平の鳥

2016.7.27
阪神2連勝。
久しぶりの感覚です。若い岩貞くんが初回に山田さんのスリーランで先制されると、今日もこれで終わりかな、と思いました。
ところがその後立ち直ると、4回に追いつきます。
しかし、ここまでかな、と、いつもなら思います。
が、なんと8回に逆転してしまいました。
そして球児くんにバトンタッチ、二人の走者を出すと、あ、また逆転か?と諦めの気持ちです
な、なんと球児くん逃げ切りました。日米通算1000奪三振をお土産に


通勤でとうきょうスカイツリー駅を利用しています。
電車からバスに乗り換える途中、喫煙所で一服してバスに乗り込みます。

業平1丁目近くです。
喫煙所から柵超えに堀川があります。そこに一羽の鳥が休んでいました。
鵜かな?
首を倒して休んでいました。

起き上がりました。
あたりを見渡しているのでしょうか?

この堀にはたくさんのボラらしき魚がいます。目視で50cm以上はありそうです。
まさか、この魚を狙っているのではないでしょうね。

そうか、濡れた羽を乾かしていたのでしょうかね。

  • 2016.07.25 Monday

秋冬野菜

2016.7.24
マツダスタジアム、広島戦
とうとうその日がきました。鳥谷さんのスタメン外れ。連続フルイニング出場も667試合で途切れました。
今年の打撃成績、守備を見ていると仕方ないことでしょうし、金本監督もやっと決断したようですね。

鳥谷さん、気持ちを切り替えて後半戦、チームを引っ張って、盛り上げて下さい。
しかし、66勝4位も難しい状況でしょうか・・・・

秋冬野菜の代表として、ブロッコリー、カリフラワーの種を蒔きました。

昨年より一週間遅れての種まきです。

これから約一ヶ月、ポットで育てて、旧盆過ぎには畑に定植します。
また、その頃は大根、白菜の種まきの頃です。

旧盆開け、そろそろ涼しい風が朝晩吹くようになるのでしょうね。

毎年、夏場まで頑張ったトラ戦士たち、9月秋風とともに失走するのですが今年は下からなんとか上を目指すことになるのでしょうか?

この話題はまだ早いでしょうかね。

  • 2016.07.14 Thursday

ふたたび「4−1」の法則

2016.7.14
オールスター前の最終戦、神宮球場では延長戦を制してなんとか最下位は免れました。
それにしても点を取るのが下手くそなトラたちですね。

月下美人

たった一日のはかない命の花
ダメトラも後半戦、一日で最下位でしょうか?

4−1の法則

というのをご存知でしょうか(以前にもこのブログにアップしましたがふたたびです)

今をさかのぼること14年前の2002年、星野監督一年目は、66勝70敗4分で4位に終わりましたが、翌年には87勝51敗2分でリーグ優勝しました。

そして、2004年に岡田さんが監督になって66勝70敗2分で4位、そして翌年、87勝54敗5分でリーグ優勝しました。

2009年には、監督が真弓さんと交代、この時も67勝73敗4分で4位
翌年は優勝だ!と思いきや78勝63敗3分で2位になってしまい、4位の翌年リーグ優勝の法則が敗れました。

次の和田さんは初年度どころか5位に沈んでしまいました。

さすがに4−1の法則は難しいものですが、今年の金本さんにお願いしましょう。

66勝をあげて4位になってください。
そして来年優勝しましょう


  • 2016.07.11 Monday

2週連続

2016.7.10
梅雨の晴れ間、暑かった週末の日曜日、畑仕事ははかどりません。

夏が似合うひまわり
今年もこんな季節になりました。

高校時代の友人にも「季節の言葉」もメールにひまわりを写メで送りました。
なにやら疲れていそうな君、元気をお出し!

2016.7.9
2週連続の快挙です。

きましたよいわゆる万馬券

ヘボ予想会場のトンカツ屋、畑の仲間ではないのですが、お店の常連です。

メインのレースを中心に馬連・ボックスという予想をする人です

以前は、サンケイスポーツの穴馬予想で有名な「ミトマン」さんの予想を中心に挑戦してなかなか当たりません。
近頃、「ボックス」という予想方法で時々的中するようになりました。

この日は、そのボックス予想にミトマン予想を組み合わせてヒットです。

さて、タイガースは広島に2連続3連敗、しかも甲子園でも歯が立たない。
これから好きな夏が始まるというのに、ペナントレースでは秋風が吹いてきました。
寂しいですね。

  • 2016.07.05 Tuesday

自慢話

2015.7.3
週末の家庭菜園での出来事です。

家庭菜園の数人の仲間たち、作業を終え、共同の小屋で喉を潤したり、一休みをしながら世間話。
そして、昼食時間が過ぎた頃、お馴染みのヤキカツ屋さんで冷たいビールを飲みながらぺちゃくちゃ、ぺちゃくちゃ。

そして、ヘボな競馬予想が始まります。

本命スジで、配当が安くても「当たってなんぼのもんじゃ!」の人
この人はなぜか,箸い数字を嫌う。
馬番連勝の新聞オッスを見ながら本命筋を捨て、適度な配当を狙う人
1頭を決めたら「流し」という予想専門の人
フォーメーションという買い方で三連複を狙いつつ、前日タイガースが勝った時は2枠(黒)と5枠(黄色)を、そして前日のヒーローの背番号を絡ませる人
最近加わった店の馴染み客、メインレースのみ馬番連勝をボックスという買い方に熱を上げている人

みんなヘボな予想屋気分です。

そんな中でも、今年に入ってのべ3回の万馬券を的中させました。

その中でもこの日の配当は18,140円と過去最高です。


予想は
本命◎が5番(人気は2番人気)
対抗○が11番(3番人気)
押え△で、3、7、9、10

これらを3連複フォーメーションという買い方で800円投資
見事、万馬券を的中。

てなわけで、ブログにアップ。
自慢話でした。

  • 2016.07.04 Monday

見極め

2016.7.3
昨日から猛暑が続きます。
梅雨入りして多少暑い日がありましたが、そろそろ猛暑の時期になったようです。
畑仕事も午前中の早い時間が楽ですが、日が高くなってくると水分補給の休憩が多くなります。

小玉スイカ、受粉してそろそろ35日頃となりました。収穫しようか迷います。

収穫時期の見極めとして、果実のツルの一番近くのマキヒゲが茶色く枯れた頃、と言われています。


そういえば、実を吊るしたビニール紐の右側のマキヒゲがかれていると思いませんか?(そういうことにしておこう)

こいつを今日、収穫です。

タイガース、土曜日は能見さんが好投してくれました。ベテラン勢の調子が今ひとつ、良かったかと思えばすぐに崩れる始末、といっても彼らを欠くわけにはいきません。
若手たちの活躍に一喜一憂、日曜日の岩貞くん、満塁ホームランで撃沈。

金本さん、ベテランを外すわけにもいかず、使い続ける若手も驚く程伸びない。
しかし、彼らが必要です。

誰を使うか、見極めがむつかしいですね。

  • 2016.07.04 Monday

残念でした

2016.7.2
「このあいだ釣りにいったばかりなのに」と、女房に言われながらも夏のボート釣り。

このところ毎年のように、本命のマゴチをゲット、しかも複数の時もあり好調でした。そして、餌木でねらうアオリイカも本命ならずスミイカでしたが2回続けてヒットしています。

そんなわけで千葉県、波佐間のボート釣りに行ってきました。

明け方4時すぎの高速、館山道で、なんと君津から富浦まで工事で通行止め、5時すぎの到着を目指していたのですが断念。

一般道に降りて、高速道路が開通するまではこの道を利用していたな、と懐かしく思いながらも、なんと5時で通行止め解除、さっそく次のインターから高速に乗り、なんとか6時前には釣り場に到着しました。

朝から嫌な予感。
いつものようにボートを漕ぎ出し、まずは浅場でマゴチ釣りの餌となるキス釣を始めます。
しかし、あちこち移動しながらもキスが釣れません。たまに釣れるのは20cm以上の良型ばかり。

ともかく、1時間以上頑張って、針を飲み込まれ生き餌にならないキスを5〜6匹、これは天ぷらネタです。そして元気な生き餌を3匹確保したところで沖合に出ます。
今回は、前回からイカの実績がある堤防脇の船の通り道となるところから定置網沿いに、エギのイカ釣り仕掛けとともにマゴチ仕掛けを投入して開始しました。

ところが、風はさほどでもないのですがこのポイントは沖に向かって潮の流れが早く、どんどん岸から離れていきます。

そんな中、マゴチ仕掛けにアタリ。慎重に取り込みにかかり、水面に見えてきたのはマゴチではなく、平べったい魚、まさかまたアカエイか、と思いきやなんど小さいながらもヒラメでした。
そして最悪、さいごの引き込みに慌てて痛恨のバラシ。
いつもの千葉大原沖でヒラメ釣りは自信があるものの、ボートでの初めてのところでミスが出ましたね。

その後、南風も強くなり浅場で天ぷら用のキス釣。
ポツポツとお土産程度に釣れるのですが、うれしいことにどれも20cm超えの良型ばかりです。

無理だろうと思いながらも浅場でマゴチ仕掛けをセットしながらキスを釣ります。
するとそのマゴチ仕掛けにアタリ、今回も慌てて、竿を持ち直した瞬間、アタリはなくなりました。それでもメゲず再度仕掛けを投入、すぐに先ほどと同じようなアタリ、今度は慎重に取り込んだのですが・・・・・
これが、マゴチではなくエソ。


こんな怖い顔です。

帰宅後、キスを天ぷら用にさばき、さてこのエソをどうしようか?
小骨が多く塩焼き、煮物には向いていません。カマボコなどの原料に使われます。
そこで、さつま揚げを思いつくのですが、面倒なのでただの白身のダンゴと相成りました。
3枚におろし、皮を引き、取れるだけ小骨を取ったあと包丁でたたき、すり鉢でこねます。

それをかみさんが、適当な味を付け、シソの葉にくるんで天ぷらにしてくれました。
キス、エソ、そして畑の野菜たちの天ぷらです。

Go to top of page