オススメ

トラと魚と野菜と

トラが好きです
時々、海で釣りをします
家庭菜園で野菜作りを楽しんでいます

  • 2014.11.25 Tuesday

東京湾、アオリイカ

2014.11.22
江戸川区の釣り宿さんが東京湾のアオリイカを始めたと聞いて早々予約の電話。
ところがまだお客さんが集まっていないので「連絡待ち」ということになりました。
たしか、以前のヤリイカ釣りの時は2〜3週待たされやっと出船した思い出があります。今回も延期かな!と思っていましたが、「出ますよ」と連絡を頂きました。

お客さんは右左に5名づつ、計10名で出船です。

実は、船でのアオリイカは初めてなのです。
釣り宿のホームページから仕掛けを確認し、いくつかのサイトで「船釣り・中オモリ」で検索しながら少しだけ勉強ししました。

船に乗ると、おとなりさん、後ろの二人組、ともにアオリイカ釣りのベテランぽい会話をしています。道具箱にはカラフルな餌木(アオリイカを釣る時の小魚に似せた道具です)を何本も持ち、仕掛けと竿などタックルの話はまさにマニアっぽい会話です。

こちらといえば、道具はボートでもキス釣り、その時のマゴチ釣りあたりの道具を組み合わせたもの。エギも、ネットで確認した東京湾でごく一般的なものと、船宿指定の大きさのものと2個だけ。
今後、どのくらいこの釣りにハマるか!それによって道具を揃えたいと思います。

6時すぎ、新中川を下って東京湾へ。ポイントは竹岡沖の水深15mから35mの浅場です。

開始早々、左の一番後ろのお客さん、最初の1杯を釣り上げるのですが、そのほかはあたりなし。船を移動させる度に誰かにあたりがあるのですが続きません。

やがて当方にも最初の1杯

船中で平均的なサイズでした。
当方、初めてのアオリイカ釣り。船に釣り上げバケツに移そうとしたとき、大量のスミを浴びせられました。(写真を撮っておけばよかった)
釣り上げたら餌木をもって、さらにイカを掴み、そっとバケツに移す!これが常識とか。
そして、スミイカを一杯釣ったのですが、その後船中ポツポツ釣れる程度で時間がすぎて行きます。

やっと2杯目です
可愛いですね。
今度はスミを浴びせられることなく無事バケツへ。しかし小さいですね。

このあと大きめの(4号)、イワシ似の餌木に変え投入。
お、あたりだ。そして、ズン・ズンと強い引きです。慎重に巻き上げゲットしたのが3杯目。
良型です

周りのお客さんからも「大きいね、良型だね」と声をかけられ大満足。

そうそう、お隣の講釈をぶっていたマニアっぽいおじさん、他のお客さんが釣るたびに何やらブツブツ喋っていますが、ご本人、2杯ほどの釣果だったようです。

さすがイカの王様、アオリイカ。
帰宅後早速さばいて、晩酌のおつまみです。(スミイカは天ぷらに)
肉厚のイカは、かなりの弾力があり、少々硬いかな?と思いますが、甘みのある絶品でした。

ヤリイカには時々出船します。そして、先程まで生きていたヤリイカの刺身はまだ身が透き通り、コリコリして美味。
しかし、アオリイカやスミイカ系の肉厚種は、当日より。一日置いて翌日の方が美味しくいただけました。コリコリ感より、肉厚のねっとりした食感が美味しく感じました。

さて、このアオリイカ釣り。今回初めてでしたが、今後くせになりそうな気がします。そして、マニアっぽく各種のエギやタックルを揃えることになってしまうのでしょうか・・・・

たった3杯の釣果でしたが満足の東京湾、アオリイカ釣りでした。

  • 2014.11.21 Friday

ディリー、勝ち星カレンダー

2014.11.20
日米野球も終わり、あとは各球団ともストーブリーグに突入です。
鳥谷さんがメジャーを目指すとか、前アスレチックス3Aの中島さんを獲得したいとか・・・・
ホント、タイガースは自前の新人を育て、トラ一筋で活躍する選手を作るのが下手な球団なんだな、と思います。



ディリー新聞の恒例「勝ち星カレンダー」の記念品としていただきました。

大和さん、鳥谷の穴を埋めるのにショートの練習を開始したとか。
それはそれでレギュラーとして活躍できるなら必要なことだと思いますが、今シーズン見せたセンターでの超ファインプレー、もったいないような気もします。

他の若手も頑張れ!

  • 2014.11.20 Thursday

秋の一日

2014.11.19
高幡不動尊

新宿から京王線で高幡不動駅へ、ここは東京都日野市。

仁王門は重要文化財に指定されています。

高幡不動尊、真言宗智山派別格本山、高幡山明王院金剛寺と言うようです。
時節柄、七五三を祝う家族連れがたくさん見かけられました。

不動堂の横に展示されていた菊です。やはり季節ですね、菊まつりも催されていました。
しかし、立派な菊です。何本かの株からできているのでしょうが、見事に咲かせたものですね。

裏山の不動ケ丘には山内八十八ヶ所の弘法大師が祀られており、一番から八十八番まで、ミニ四国お遍路さんが体験できます。

毎年、4月の母の命日にはお参りに来るのですが今年は仕事の都合もあり来ることができませんでした。そこで、そろそろ紅葉が綺麗だろうと今日、訪ねてみました。
でも、まだまだ青々とした葉の紅葉でした。

山内をもう少し進んでゆくと小山の裏側へ出ます。そこではかなり色付き始めていました。

途中に一本の大木があります。これが真っ赤に染まったら、この下から見上げたら綺麗でしょうね。

午後3時、毎日行われているという護摩修行に出くわしました。
以前訪れた時は途中からの参加でしたが今日は最初から一連の流れを体験することができました。

周りのお坊さんの読経の中で護摩が焚かれます。
そして、参加者も列をなして般若心経の読経の中、不動尊をお参りします。
今日は七五三のお参りに来ていた子供たちに和尚さんから、「おはよう」「おやすみなさい」「いただきます」「ごちそうさま」など挨拶の大切さのお話をいただきました。

少し肌寒くなってきた秋の一日、のんびりとした一日でした。

  • 2014.11.17 Monday

メダカの引越し

2014.11.16
寒くなってきました。
外に置いたメダカの水槽の水温が10度を切るようになりました。
遅くなりましたがメダカを玄関の中に引越しさせました。

この2〜3年、毎年新しい個体が生まれ、大家族になりました。
ヒメダカとクロメダカ、そのうちあいの子もいるかもしれません。

春まで室内で育てます。

若トラたちは秋季キャンプで鍛えられていることでしょう。
メダカのように温々と育てている場合じゃないですよね。

春には大きくなって欲しいと願います。

  • 2014.11.14 Friday

Tシャツが届きました

2014.11.13
WOWOWさんからTシャツが届いた。


このキャンペーンは同時に2ヶ月間格安のキャンペーンでもあったので、放送を録画し終わったら解約するつもりで契約しました。

ところが、実際にWOWOWの放送を見ていた女房、子供たちは多彩な番組に「契約を継続してほしい」と。

しかし、なかなか届かなかったたくろうさんのTシャツ。
やっと届きました。

もう、半袖Tシャツを着る季節ではなくなりましたが、来年、暖かくなったらこれを着ようと思います。

  • 2014.11.06 Thursday

「ねじれ」解消???

2014.11.6
アメリカの中間選挙が行われ、野党・共和党が、上下両院で多数派となったそうで、この結果を受けて、オバマ大統領の政権運営は厳しさを増すもののとなったと報じています。

NHKの朝のニュースでは「上下両院のねじれが解消された」とアナウンサーが話していました。

日本では先の参議院選挙でやたらと「ねじれ」という言葉が飛び交いました。そして、結果として現政権は、この「ねじれ」を解消し、衆参とも多数派となり、政策を有利に進められるようになっています。

その結果が現在です。

皆様、ご存知の通り、日本もアメリカも民主主義国家は、二院政をとっており、一つの問題を、違った二通りの考えで、慎重に審議を行うためのものである、といったことを若い頃、習ったような気がします。

この「ねじれ」という表現はおかしなもので、それならいっそ、衆参二院政などやめて多数派の思うがままの国家にすればいいのではないかと思ってしまいます。

しばらく聞くことのなかったこの「ねじれ」、今もNHKのアナウンサーが使っているとは・・・言葉使いに慎重な国営放送としてはどうしてなのでしょうか?

タイガースは和田監督が来年も指揮を続けます。決して独裁的な監督ではありません、いや、もっと自分の信念で指揮してほしいくらいです。

そうすると、周りの参謀が問題です。監督を支える者、意見する者、コーチ陣に「手綱をうまく引いてほしい」と願う次第です。

  • 2014.11.05 Wednesday

3度目の名月

2014年11月5日は、名月の夜だそうです。

2014年は9月8日が中秋の名月(十五夜月)で、10月6日が十三夜月でした。例年だと名月はこれで終わりですが、2014年は3度目の名月があります。

閏月により"十三夜"が1年に2回訪れる「後の十三夜」が来る日。171年ぶりに訪れるそうです。

AMEBA
http://selecty.me/article/78662295334376009

詳しくはこちらで。

  • 2014.11.05 Wednesday

困ったことだ

2014.11.03
各地で猛威をふるった二つの台風も、関東地方では早足で通過し、それほど被害が出なかったようでした。
家庭菜園の野菜たちも無事でした。また、適当に雨も降り、暖かな10月でした。

秋野菜が順調に育っています。

しかし、順調だったハクサイ。
最初の収穫では、生食でOKという品種、美味しくいただきました。

そして、今度は白菜の漬物をつくろうと普通種の収穫に行ったのですが・・・・



なんと、虫に食われて無残な姿

困ったことだ。

種を蒔いて芯が巻き始めるまでネットを張ってモンシロチョウの幼虫、青虫からは保護できましたが今度は、名前はわかりませんが何かの幼虫、青虫よりすっと大きな虫に食い荒らされています。

困ったことだ。
虫も食べないような野菜は人間だって美味しくないだろう、とは思うのですがこれだけ被害に合うと考えてしまいます。

少しくらいの農薬は必要なのでしょうか?

  • 2014.11.04 Tuesday

カミさんに連れられてバスツアー、その

2014.11.02
水上温泉を後にして、本日のバスツアーの目玉、「ドラゴンドラ」体験へ移動します。

まずは、苗場スキー場の近く、田代ロープウェーで山頂駅を目指します。

このロープウェイ、90人が乗れる大型ですが、ツアーの添乗員さんは我々グループ30数人を1グループにしてもらえるよう交渉していただいたそうで、おかげで車内、ゆったりとしていて、参加者は思いのままに左右の窓際に移動、360度を楽しめました。


ロープウェイを登り始めた頃、山はまだ紅葉が残っています。


そして、頂上に近づく頃は木々の種類も変わり、そろそろ冬山が近いのかと思う景色でした。

このツアーに出る一昨日の天気予報は、3連休、雨模様であまりよくない予報。それが前日あたりから晴れマークが出てここまで快適なバスツアーでした。
しかし、やはり標高の高いところに入ってくると山の天候は下界とは違って冷たい雨模様です。
自称、旅慣れ、山歩きは自信あると思っていましたが、この時期の山歩きに雨具を持ってこないのは大失敗でした。
ただ、今回のバスツアーの行き先を聞きもせず、カミさん任せでは仕方ないでしょうか?

頂上からの下りは、日本最長(全長5481m)、日本一の地上高さという「ドラゴンドラ」、所要時間約25分というロープウェイの空中散歩です。

が・・・・・

外は雨

また、次のバスツアーに期待しましょう。

  • 2014.11.04 Tuesday

カミさんに連れられてバスツアー、その

2014.11.02
カミさんに誘われて、水上から苗場方面へのバスツアーに参加してきました。
昼食前の最初の散策地は水上温泉、諏訪峡遊歩道の水上文学散歩道を歩きます。


与謝野晶子「きみしにたもうなかれ・・・」の歌碑があります。

笹笛橋を渡り、対岸を歩きました。

貧血ぎみで近頃、階段を上る途中、一休みが欲しくなるこのごろですが、ここは気持ちよく歩くことができました。


途中で見つけた時期はずれの紫陽花。この地区では今頃咲くのでしょうか?しかし、やはり花弁の色は冴えなく、とことどころに枯れた部分も見られます


最後は紅葉橋からの渓谷と紅葉

昼食は道の駅・水紀行館です。


そして、バスツアーのお決まりは、おばさまたちの買い物ツアー
必ず試食品に手を出す我がカミさんです。

たくましいですね、おばさまたちは。

Go to top of page