オススメ

トラと魚と野菜と

トラが好きです
時々、海で釣りをします
家庭菜園で野菜作りを楽しんでいます

  • 2013.01.30 Wednesday

札幌

札幌です。
冬は寒い。
カニ三昧を楽しんます。



非日常です。
東京に帰れば、いつもの日常が待っている。束の間の贅沢三昧。

  • 2013.01.29 Tuesday

日常と非日常

2013.1.25
広島から松山へ
瀬戸内海汽船のスーパージェットの船旅。
4時30分、広島宇品港を出港、途中の瀬戸内海の島々に夕日が沈みます。


2006年、30数年ぶりの高校同窓会に出席し懐かしい人に会えました。

たくろうの「つま恋」へ行こうというプランが生まれ、すばらしい一日を過ごし、京都の河合寛治朗記念館に行ったり、江田島や敷島隊慰霊祭に参加。その後、関西方面への出張を利用して四国八十八ヶ所めぐりが始まりました。
昔を忍ぶのではなく、今日までの生き方を語り合うと、昔をとてもよく知っている人なのに、その人にとっては 〜懐かしさを感じる初めての人との出会い〜という表現がぴったりするそうです。

日々の業務と釣りや家庭菜園、埼玉での生活は日常。お四国さんを回りながら過ごした日々は非日常。

今回のように広島出張の帰りにはお四国さんをめぐり、非日常を楽しんだものです。
4年間をかけてお四国さんは終わりました。

今は、懐かしい人との再会も、日常のなかに溶け込んでしまったようです。

  • 2013.01.29 Tuesday

記憶に残る日

1.17(1995年、平成7年) といえば 阪神・淡路大震災
3.20(1995年、平成7年)といえば地下鉄サリン事件

9.11(2001年、平成13年) キュウ テン イチイチ といえばアメリカ同時多発テロ事件
3.11(2011年、平成23年) サン テン イチイチ と言えば東北地方太平洋沖地震

1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分といえば・・・・
広島平和記念資料館

こうしたコラムの時にいつも言うことは、「年に一回くらい戦争について考えてみたい」です。
日本人として、忘れてはならない時ですね。

226 は ニイニイロク でテンは入らない。

1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件である。(ウィキペディア)

そこに、歩兵第3連隊の機関銃隊に所属していて反乱に参加させられてしまった者に小林盛夫二等兵(落語家。後の人間国宝・5代目柳家小さん。当時は前座)が居たそうな。

これは、知る人だけが知っていればいいことかもしれない。

  • 2013.01.25 Friday

広島


2013,1,25
この近年、五月に来る広島。今年は一月です。
昨日の福岡から広島は暖かく、三月なみでした。
今日は寒い。
業務まで時間があるので「平和記念資料館」に立ち寄りました。
何回来ても色々考えさせられる場所です。
去年の五月は、公園のなかで修学旅行の中学生に話しを聞かせる「語り部」のような光景に出会しました。
今年は、まだ小学生低学年でしょうか、ミュージアムツアーに出会しました。
今日の思い出をいつでも忘れず、次の世代にも繋げて欲しいものです。

  • 2013.01.19 Saturday

富士山

2013.1.18
大阪から名古屋での仕事帰りです。
新幹線から見る富士山がきれいでした



このところ何度か使った新幹線。しかし富士山はいつも雲の中でした。
やっと巡り合えた快晴の富士山です。

  • 2013.01.19 Saturday

迷子

2013.1.17
大阪駅、電車を降りてホームに立つと上行きの階段。おかしいな、確か出口は下に降りたような気がする。
でも、上にあがってしまった。きれいな通路である。しかし始めて見る光景です。
地下鉄の御堂筋線に乗り換えたくて案内看板に沿って行くのですがやはり始めて見る光景です。
大阪駅の駅ビルが完成してきれいなビルに生まれ変わりましたが久々にここを歩くと迷子になった気がします。
案内板に沿って階段を下りたり、右に曲がったり、左に行ったり。

イルミネーションを見つけました

やっとの思いで地下通路に。
やっと見たことのある風景に戻りました。

地下鉄で中津へ
そこには「さんちゃん」というたこ焼きの屋台があります。
大阪で時間が取れれば必ず寄りたい一軒です。

普通のタコ焼きとネギをいっぱいまぶし、ポン酢で食べるたこ焼き。
缶ビールを飲みながらさんちゃんと馴染みのお客との会話を聞いて楽しみます。
今日は寒い夜。おなじみさんだけのようで、少し雰囲気も変わったかな?と思います。

  • 2013.01.15 Tuesday

我が家のスヌーピー

2013.1.12
我が家のスヌーピー、今日はこたつで温まっています。

さて、今度はどこに現れるでしょうか

  • 2013.01.15 Tuesday

新年会

2013.1.13
寒い冬です
正月に食べたいと思って菜花の種を播きました。
10月から順調に育って楽しみにしていたところが12月の寒さで全然大きくなりません。
蕾さえ見つかりません
今朝は霜で真っ白

家庭菜園仲間での新年会

ヤーコン茶を沸かして焼酎のお茶割
肴は小アジの干物

仲間がそれぞれ漬けもの等、肴を持ち寄りました。

さ、春ものの床作りに励みましょう。3月が待ち遠しいですね。

若トラもしっかり体を作ってキャンプに臨み、春にはトラ戦士の一員になってください。
さて、誰が出てくるかな?

  • 2013.01.15 Tuesday

大雪

2013.1.14
東京に大雪です。
ネコの額ほどの庭にも雪が積もりました。
カメの中のメダカは無事冬を越せるでしょうか?

早く暖かくなってほしいものです。

東京は今回程度の雪でも電車が止まったり高速道路が通行止めになったり、転んでけがする人がいっぱい出ます。

まったく雪に弱い都市なのですね。

  • 2013.01.10 Thursday

初詣

正月の2日に中学時代の同窓会に参加してきました。
ロクイチ(数えで61歳、還暦)のお祝いでした。
中学を卒業して40年以上になると近所にいた人でも面影がなくまた、学んだり、遊んだりしたことの記憶も遠くなりました。
顔を見てもわかりません。話を聞いても思い出せません。
つまりはその程度のお付き合いってことでしょうか。
会いたい人が何人か思いつきましたがそういう人は参加していませんでした。めぐり会わせもまた、そんなもの、なのでしょうか。

数年前、高校時代の同窓会を行った時は、「みんな年相応に変わってきたな」と思いながらもどこかに面影が残り、話をするといろいろ記憶がめぐってきました。

中学卒業と高校卒業では3年しか違わないのに高校時代はいろいろ思い出されます。青春時代の良き思い出だったのでしょうね。

初詣でおみくじを引きました。
中吉です。
「初めは憂き事あれど後 吉 深く嘆き悲しまず身を慎んでおれば後は万事思いのまま・・・・・」と。
会いたい人に会えなかった正月の帰省ですが次の機会を待ちましょう。

  • 2013.01.08 Tuesday

初詣

2013.1.5
恒例の我が家の初もうで、今年は5日でした。

次男坊は仕事で欠席、かみさんと長男です。
お宮は、隣町の久伊豆神社。
新年の願いはやはり家内安全と世の中の景気浮上でしょうか。


初もうでのお決まりごと。
帰り道のうどん屋さんで朝食兼昼食。
このうどん屋さん、テレビで紹介された、埼玉県のソウルフード店だそうです。

頂いたものは、私はいつもの「パンチ定食」(うどんともつ煮込みの定食)、かみさんはやはり毎回の如く「ちからうどん」(おもちを焼くのに手間取ったのかずいぶん時間がかかりました)、そして長男はこれもいつものようにメニューから新しいものを探します。今年は「ちゃんぽんうどん」(ちゃんぽんの麺がうどん)初物です。
こうして我が家の新年は始りました。

  • 2013.01.08 Tuesday

初詣

2013.1.5
あけましておめでとうございます
愛媛県の実家の近くにある神社「三島神社」に初もうでに行ってきました。
足の不自由な親父を車いすに乗せ、歩いて30分ほどのところです。

途中、墓地で母親のお墓に線香をあげ新年の挨拶。

三島神社の参道は、昔は大きな松でうっそうとしたところでした。しかし松喰い虫の被害に会い全滅。その後にヒノキを植林し、それらがそろそろ参道のヒノキトンネルらしくなってきました。

本殿にお参りした後、社の周りをまわっていると「杉田神社」という小さな祠を見つけました。携帯で画像が良くないですが・・・

杉田家本家に祭られていたものを最近になって移したそうです。
一昨年、ここにお参りにきた時は気が付きませんでした。
ご先祖様、すみませんでした。これからはきちんとご挨拶にまいります。

  • 2013.01.07 Monday

ヒラメのさばき方

2012.12.30
釣り師の最後の仕事が釣った魚を食卓に乗せるまで。
スズキは帰宅後すぐに3枚におろし、刺身用、焼き物用、そしてアラ煮用に調理しました。
ヒラメは翌日の朝からさばきます。
お隣さんと畑のあとに寄る「焼きカツ」屋さんにお土産を届け、我が家用に4枚をさばきます

まず、鱗取り。

ヒラメの鱗は小さく固い。包丁を当て、削ぐようにはがしていきます。どうせ皮を剥ぐなら鱗付きでもよさそうですが、やはり身につく鱗が気になるし、皮は湯引きで美味しくいただけます。

さらに5枚におろします。

背中側が終わると腹側、エンガワの外部分に斬り込みを入れておくのがミソです。

仕上げを並べて、完成。
お正月用のヒラメのおつくりです。
近所の友人にはすでに刺身状態になったものを、長男の嫁さんの実家にも1枚分をさばいてお届け。
喜んで頂けたでしょうか。

  • 2013.01.07 Monday

納竿詳細

2012.12.29
今年の竿納めは速報でお伝えしたように満足のいくものでした。

12月28日の夕方、予定していた千葉県大原港の船宿さんから電話。
29日の午後釣りで「タイ」を予約しておいたのですが午後の気象予報が悪いとのこと、午前便に乗るよう、連絡がありました。
深夜に車を走らせ、早朝の船に乗るのは近頃疲れます。しかも狙いはヒラメ。希望は午後のタイでしたが出船出来ないのでは困ったもの。
仕方なく早寝して深夜1時過ぎに自宅を出発。

天気予報では朝、5時頃まで雨、その後曇り。
予想とおり道中は雨、しかも車のワイパーが忙しいほどの降りがしばらく続き、これはヤバいな、と思ったのですが、天気予報は偉い。出船の5時前には雨は上がりました。

船中、5名。多少風と波がある中を今日は大東沖。走ること30分で到着、まだうす暗い中で釣り開始。

潮の流れも良く一流し目からポツポツあたりあり。トモ(一番後ろ)で早々に5kg程度が上がりました。その後、私の右隣が1kg前後、今度は自分か!と思ったら、自分を通り越して左隣の人に1kg弱。

なんと。
めげずあたりを待つと、ついに来たのが速報のスズキ。帰宅後計ると72cm、しかし検量計が2kgまでの料理用しかなく、残念ながら目方は計れませんでした。
その後、船中は爆釣。一度に3人の竿が満月の如く曲がり、船長のタモ網が間に合わないくらい忙しくなり全員、5枚以上の釣果でした。
なかでも外道に速報のスズキのほか、マトウダイやハタの仲間など多彩でした。
釣果はヒラメ7枚、スズキ1本

午後のタイはなんとか出船出来たもののポイントの水温が低く、餌取りのあたりもなく、いくつかのポイントを走り、多少でも水温の高いところで再開して船中、ポツポツのアタリ。
潮が速く、軽い一つテンヤ仕掛けでは底立ちが取れず苦労の釣りでした。
なんとかしとめたのが真鯛3枚。

船宿さん、午前の乗船をすすめてくれてありがとうございました。
おかげで最高の竿納めとなりました。

Go to top of page