オススメ

トラと魚と野菜と

トラが好きです
時々、海で釣りをします
家庭菜園で野菜作りを楽しんでいます

  • 2012.11.26 Monday

タイやヒラメの舞い踊り

11月16日にアップした「変更かな?」で今年の大原沖、ヒラメの釣果は数が出るけど、小さいのばかり、と書いてごめんなさい。

昨年は小さいのが多かったのは確かです。しかし、今年は・・・・数釣りだけでなくサイズもアップ、しかも食して美味なる1〜2kgサイズが中心で500g程度は混じる程度のようです。大原沖、関係者様、申し訳ありませんでした。

前日の午後船では勝晃丸さんのおなじみ客で鯛釣りの超ベテラン、あきらサンがなんと35枚の釣果。クーラーボックスいっぱいでした。なお、このあきらサン、オリジナルのひとつテンヤ仕掛けが市販されているほどの超名人です。

11月25日、いすみ市「海釣りフェスタ」が開催されました。
定宿の勝晃丸さんに久しぶりに釣行です。
ちなみに16日アップの7kg弱のヒラメは昨年のこの大会で釣ったものです。

仕事仲間との釣行、大原港を出てなんと10分も走らないところ、目の前に大原から御宿方面への切り立った海岸線が迫るほどの近場です。

午前6時、大会開始。
なんと、一流し目から船中のあちらこちらで竿が引き込まれ、ヒラメがタモ網におさまります。
しかも1〜2kgの美味しさ抜群サイズです。

今年初めてのヒラメ釣り、当方にもアタリ。1kgサイズをゲットしました。

今日の大原沖、天気もよく適当な風にうねりもなく、しかも潮の流れが良い。との船長の話。ポイントも同じ場所を何度も繰り返し流します。
その度に船中、あちこちで竿が弓なり。
お隣さんはたぶん竿頭の11枚、後ろに座った常連のおじいさん、9枚までは聞いてましたが、ツ抜けになったでしょうか。
参加者14名で船中60枚以上とのこと。しかもほとんどが食べ頃サイズ。

途中、右舷のトモから2番目の人、大ビラメを釣りあげました。
港にかえって検量、8.1kg!お見事でした。

で、同行の仕事仲間さんはどうかというと、ヒラメ初心者(船釣り2回目)で、最初はタナ取りなどに苦戦していたところ、船長から起き竿でのタナ取りアドバイス。これがピタリとはまり、やっと1枚をゲット、その後2枚目を釣り、なんとかお土産を確保出来ました。

当方、その後、1kg以下でしたが2枚目を、さらに1kg程度のイナダをゲット。2〜3度、アタリがあり、食わせた!と思ったものの途中でのバラシがありガッカリ。未熟さにションボリです。
ヒラメの5枚おろし
おいしくいただきました。

  • 2012.11.21 Wednesday

よみがえれ!

2012.11.19
ホウズキカメムシの被害にあったピーマン。
しかし、害虫退治のあとバッサリと選定したおかげで、その後順調に回復しました。
赤ピーマン(パプリカ)もついに色づくところまでよみがえりました。

「強虎」に変える!と言ってくれた西岡さん。メジャーから帰国して、日本球界でよみがえれ!
わがタイガースで活躍してくれることを望みます。

久保さんは「優勝するための駒でいい。勝つ方向に進んでいくなら、どこだってやります。僕が決めることじゃない」 (ディリー、11.18)と。抑えでよみがえれ!

「(抑えは)ノーサンキュー。やったことはないし、未知数ですから。やりません」 (ディリー、11.19)との能見さん。先発として、奪三振、単独王座によみがえれ!

しかし、平野さんはどうなるのでしょう?
気になる動向です。
トラのセカンド、2番バッターとしてよみがえってほしいものです。

  • 2012.11.19 Monday

モノになるかな?

ハヤトウリの酒粕漬け

今年もたくさんのハヤトウリを収穫することができました。
これを早々、漬けものにします。

1週間塩漬けをしたもの。

漬ける量が少量のため重しが均等にかからないのでしょう、ムラがあるのが気にかかります。

これに砂糖をまぶします。

砂糖は「ざらめ」を使うのですが今回は「きび糖」にしてみました。
塩漬けのしょっぱさと砂糖の甘さがじっくりと粕床の中で混ざりあい、半年後にはおいしい漬けものになるはずです。

砂糖をたっぷりとまぶしたあと、粕床に漬けます。

この粕床は去年の夏、シロウリをつけたもの。シロウリを食べたあとの残り床にハヤトウリを漬けます。

懐かしい母親の味が再現できるよう気持ちを込めて漬けこみます。
半年後が楽しみです。

トラの新人も愛情込めて育ててやればモノになるでしょうか?
春が楽しみです

  • 2012.11.12 Monday

ひと休み

携帯からのアップ、なんとか出来ることが確認できました。
「お試し」に続いて「ひと休み」をアップしようとしましたが、これはうまくできませんでした。

「お試し」の画像、表示サイズの管理ができていなく、画面をはみ出してしましました。

「ひと休み」は画像が100kを超えたためNGだったようです。

携帯での撮影時、画像サイズを管理する必要があることを痛感しています。少しずつ進歩したいと思います。



家庭菜園仲間が集まって、貸農園の一面を共同運営しています。
そこで、「お試し」にあるような、冬は暖をとり、お茶を沸かし、年末の「いも煮会」(収穫祭)などに利用しています。

仲間の中で唯一の女性メンバーが「ムカゴ」(ヤマイモの実)を採集し、「ムカゴごはん(おにぎり)」を作ってくれました。
皆で昼食会です。

やかんでお茶(今回はヤーコン茶)を沸かし、焼酎のお湯割り。
おつまみは2年もののキュウリの古漬けと昨年漬けたハヤトウリの酒粕漬け、など。

さて、今年の「いも煮会」はいつにしましょうか?

  • 2012.11.11 Sunday

お試し

(11.12写真を差し替えました)
携帯からアップのお試しです。
寒くなってきたですね。
畑の囲炉裏が活躍する季節になりました。
ヤーコン茶を沸かして焼酎割で一休み!

  • 2012.11.08 Thursday

金本さんの悔い

金本さんは広島時代の11年、阪神での10年、数々の記録を残し、その姿はトラファンの記憶に残りました。しかし、現役を通じて一つだけ悔いが残ることがあったそうです。

2005年、金本さんは40本のホームランを打ちました。そして、この年は「ホームラン王」を狙っていたそうです。

ですが、その夢を打ち砕いたのが、広島時代の新井さん。そうですあの新井さんです。
(金本さんが新井さんをいじめるのはそういう過去があったからなのかな?)

なかなか狙ったことが期待通り叶うのは難しいですね。

釣りに行って本命が釣れなくて外道ばかりの時もあり、野菜はやはり季節に合わせて作るもので人より早く収穫してやろうとか、寒くなってももう少し引き延ばそうとか試してみますがなかなかうまくいきません。
季節、環境には逆らえません。

今年の春、水耕栽培に挑戦しました。

プランターを2段に積み、太陽光発電でバスポンプを動かし、日中の太陽があたるあいだ水を循環させることで腐敗を防ぐという仕組みです。

イチゴとサニーレタスで挑戦。
イチゴは花をつけ、小さな実を結びました。サニーレタスは収穫あと少しまで来ました。
なのに、イチゴの実が大きく、赤くなる前に枯れ始めます。サニーレタスがしおれてきます。

なんと、水を循環させることで腐敗は防げたのですが、イチゴもサニーレタスも、その根にびっしりとミズゴケのようなものがついています。

やがて根が腐り、枯れてしましました。
水耕栽培としての「水管理」をもう少し学習してから再度挑戦しようと思います。

そして、この秋、今度はサニーレタスをビニールで覆った簡易ハウスで育ててみることにしました。

バッテリーに蓄電しタイマーで保温機を動かすくらいのことをすればもっと本格的ですが、とりあえず春と同じように水の循環だけです。

さて、その結果は。
狙った通りに行くでしょうか?
また、悔いを残す結果となるのでしょうか?

  • 2012.11.06 Tuesday

変更かな?

「トラと魚と野菜と」のタイトルで始めた“ていぶろぐ”

トラが好きです。
リーグも終わり、今年も日本シリーズに係われない年でしたが、これからは契約更新やストーブリーグの行方、そして春のキャンプなどが話題となりますね。
時々、海で釣りをします。
近頃、海へ行くことが遠ざかってきました。
家庭菜園で野菜作りを楽しんでます。
野菜に関する話題は盛り沢山。

テンプレートを変更しました。タイトルと紹介文も変更しなければならないかな?

トラが好きです。農業にいそしみ、合間を見て海に釣りに行きます!
かな?

海に行きたいのですがなかなか私的な事情で叶いません。

今頃の千葉県、大原沖は「鯛やヒラメの舞い踊り」

鯛は小ぶりながら数釣りが楽しめるようです。1kg以下ですが尾頭付きの塩焼きは家族にも喜ばれます。
3kg以上の中・大鯛も魅力ですが、小さいながらも引きの強い鯛はめちゃ楽しいですよ。
ただし、お魚さんの機嫌が良い時ですけど。(時折、機嫌がわるく、さっぱりの日もあるようです)
3.5圓凌紳笋任

ヒラメは一発勝負の楽しみ。以前はボウズ(釣れない)の日は当たりまえ、1枚釣れるとそれでOK、といった時期がありました。そのかわりその1枚は小さくても1kg以上、3〜4kgが普通の釣果だったように思います。
近頃の船宿の報告では数枚以上、時には二桁の釣果が報じられています。しかし、同地では「ソゲ」と呼ばれる1kg以下の小物、以前は放流してたサイズも混じります。お客さんに来てほしい船宿にとっては「釣れる」ことが大事なようです。
近隣の高校生が毎年放流事業を行っています。資源を大切にしたいですね。
7kg弱のヒラメ

東京湾では寒さがますにつれ、深場に落ちた太刀魚が大きくなります。
これも「ゆうれい」と呼ばれるくらい、出たり出なかったりが多い釣りものですが大型になると引きはたまりません。また冬場は脂がのった美味となります。
東京湾の太刀魚
釣り人は畑仲間です。
そろそろ海が恋しくなったこの頃です。

  • 2012.11.05 Monday

丹波の黒豆

2012.11.3
丹波の黒豆を収穫

昨年、関西の友人から頂いた丹波の黒豆の味が忘れられなくて種を探していたところ、所沢に住む友人から種を分けてもらったのが5月。

6月に種を播いたが発芽率が悪く数本を2回に分けて栽培。
8月後半に花が咲き始め、10月にやっとサヤができ始めたのだが、茎や葉の威勢の良さに比べ実の付きがよくなかった。

関西のどこかの球団のように土壌が悪いのか、育て方が悪いのか。

そして11月に入ってついに収穫。10数本の株から収穫できたのはこれだけ。

とりあえず晩酌のお供には最高の味を提供してくれたもののあっという間に食してしまいました。

所沢のコン太さん、来年も挑戦しますか?

トラを愛することは来年も続けますが、黒豆の栽培は???
ま、若トラが成長し、結果を出すことを夢見ながら来春まで待ちましょう。

  • 2012.11.02 Friday

ハヤトウリ

2012.11.2 富士山
昨夜から北風が吹き、放射冷却もあって関東地方、朝の空気は澄み渡っていました。
通勤電車から見える富士山がきれいでした。ついひと月前はまだ雪が降っていなかったようですがここにきて秋から冬の装い、白く雪化粧です。

各地で紅葉の話も伝わるようになりました。暑い夏でしたから、紅葉が順調にすすむのか心配でしたが、どうやら大丈夫のようですね。

秋の気配がます頃、家庭菜園もにぎやかになります。

ジャンボピーナッツ
先日、落花生の収穫を報告しましたが、今年は千葉産のジャンボピーナッツを栽培しています。普通種より一回り大きなピーナッツです。

写真の上の3個がそれ。(違いがわかりますか?)

とりあえず試して掘り上げましたがこのサイズである程度の収穫があるならこちらのほうが効率がよさそうですね。

ハヤトウリ

10月17日、雌花を咲かせていたハヤトウリが取り頃になりました。
当面はサラダなど生食や塩麹で一夜漬けを楽しみ、もう一週間のすれば最盛期、このころに収穫したものは一週間ほど塩漬けにしたあと酒粕に漬けこみます。

3ヶ月くらいで食べ頃です。来年、球春のころ若トラが張り切っているのを楽しみにして味わいます。
また、半年くらいおいた方が味がまろやかになります。近頃のトラ軍団は春先だけは調子がいい。このころも気持ちよく味わいます。

粕漬けはその後も楽しめますが、トラ諸君、秋まで楽しませてください。

Go to top of page