オススメ

トラと魚と野菜と

トラが好きです
時々、海で釣りをします
家庭菜園で野菜作りを楽しんでいます

  • 2017.06.22 Thursday

夏野菜

2017.6.22
昨日は久しぶりにちゃんと雨が降りました。梅雨入りしてほとんどなかった雨ですが、やっとすこし畑が潤ったようです。

キュウリ、ナス、ピーマンと、そろそろ夏野菜も収穫が始まりました

それと、もう少し時間がかかりますが楽しみです。

ミニトマトは収穫が始まりましたが、桃太郎がそろそろ、来週あたりでしょうか


トウモロコシはヒゲが褐色になるまで待ちましょう


スイカは、まだまだあと一ヶ月くらいでしょうか


そうそう、今年の楽しみはブドウです。
挿し木2年目で、粒ぞろいが良くないようですが、お盆ころが楽しみです。

明日からペナントレースが再開、赤ヘル軍団と直接対決です。
今年はいつまで楽しませてくれるのでしょうか?

  • 2017.06.07 Wednesday

スイカ、自然受粉

2017.6.7

それにしても広島は負けないですね。それに反してどうしたのでしょう読売は?
ここまでくると敵ながらかわいそうに思えてきます。

タイガース、ここまで順調に交流戦を消化していますが、さてさて、この先どうなることやら・・・・

今年もスイカが楽しみです。
今日まで人工授粉に出かけられなかったのですが、すでに2個ほど実がついていました。そして今日咲いた雌花に人工受粉を行いました。


あとは収穫を楽しみましょう。

  • 2017.05.15 Monday

5月の菜園

2017.5.14
連休後半からのタイガース、順調ですね。
しかし、読売は調子が出ないのか、カープが強いのか?
ま、双方で星の取り合いをしているうちにタイガースは一歩抜け出したかな?

5月、収穫の時期になりました。

これまでアブラムシ被害にあってしばらく栽培していなかったソラマメ、収穫の時期を迎えました。

鞘付きで焼いて食べるもいいのですが、定番通り、豆を取り出して塩ゆでで頂きました。

今年は「下仁田ネギ」に挑戦しました。

普通の一本ネギに比べ短く太くなると期待して少し浅めの植え付けです。

ひとつ困ったことが・・・・・
今年の玉ねぎの育成で、この貸し農園で「玉ねぎの立腐れ」的な被害があちこちで聞かれます。一面、全体が被害にあった人や、半分くらいが腐ってしまった人もいます。

我が畑では早生の品種がもう2〜3週間前から収穫が始まり、生スライスで頂く分を収穫してきましたが、特に問題ないと思っていました。

ところが・・・・

わかりますか?白っぽいカビのようなもの
数個の玉ねぎがこんな状態になってしまいました。早生はそろそろ茎が倒れてきたので急いで収穫、「吊り玉」にしましたが心配ですね。この腐敗が広がりそうないやな予感です。

どうしてこうなるのでしょうか?土のなかの雑菌などが原因と思われるのですが、貸し農園全体に広がるということは「天候など」に起因するものでしょうか?

これから色々な野菜の収穫が楽しみです。しかしこうした「被害」を受けるのは残念ですね。

  • 2017.05.10 Wednesday

2年目

2017.5.10

大型連休の終盤、広島3連戦は見事な勝ちっぷり。
しかし、こんな戦いはなかなか再現しそうもない。

昨日の読売戦
菅野の4連続完封を阻止、そしてセ・リーグ首位を守った。

こうした戦いを見せていると、ひょっとしたら!と勘違いしそうになる。
金本さんの監督初年度は4位(66勝ではなかったけど)そして2年目に優勝という「4−1の法則」がよみがえりそうな予感が・・・・・・

2年目
一昨年の秋にぶどうの枝を挿し木にしました。
昨年、2本がちゃんと根付いて、1本を菜園に、もう1本を自宅に持ち帰り、秋に剪定。そしてこの春、2年目の新芽が芽吹きました。
ぶどうの挿し木は3年目から実がつく、と家庭菜園でぶどう栽培に助言を頂いている方から言われています。

畑仲間も挿し木に挑戦しちゃんと根付き、新芽を出していますし、自宅に持ち帰った株も同様です。新芽は出てきましたがやはり実がつく「花芽」はついていません。来年3年目に楽しみをとっておきましょう。

ところが

菜園に残した1本、なんと花芽が付いています。
2年目から実を付けそうです。

虎の2年目といえば高山さん。頑張ってますね。
これからも期待しましょう。

  • 2017.04.24 Monday

夏の準備

2017.4.22
この時期、恒例の千葉県市原市の苗屋さんに夏物野菜の苗を購入に行きます。
そして、隣町の大原港へ釣りに行きます。

そろそろ旬で、数釣りが期待できるイサキ釣りに出かけたかったのですが、釣り宿から今シーズン最後のヒラメ釣りに付き合って欲しいとの連絡、ヒラメはまあ、得意な部類でOKです。

今シーズンのヒラメ、暮れに挑戦しましたが、潮の流れがはやく、ポイントに仕掛けを安定できず、久々のボウズでした。
この日の海は凪、風もなく潮の流れもなく、これまた苦戦。
とうとう、2回連続でボウズを経験しました。近頃ではこんなこと初めてです。

で、目的の夏野菜の購入を無事終了

2017.4.23
トマト(桃太郎とミニ)ナス、ピーマン(緑と赤)、スイカ(小玉)などの苗の植え付けです。
トマト(桃太郎)

この時期の収穫物として山菜のコゴミ

少し大きくなっても手でもぎ取れる程度の柔らかいのを中心に収穫します。
さっと茹でてゴマドレッシングなどでいただきます。
今シーズンはこれで3回目の収穫でした。

そして、玉ねぎ(早生)もそろそろ収穫です。

スライスして生でいただきます。

ヒラメやイサキにはありつけませんでしたが春を感じる食材は畑から頂きました。

  • 2017.03.21 Tuesday

やはりだめか!

2017.3.19
寒暖を繰り返しながら確実に春が近づいています。

先日の鯵釣りから、こんどはヒラメ狙いで大原沖を希望したのですが、19日は真鯛で出船とのこと、このところ真鯛釣りに自信をなくしていたところですが、久しぶりの大原、行ってきました。

結論から、やっぱりダメでした。
水深が7〜80mからかけあがいで40mくらいまでの深場を大鯛・中鯛狙いですが、ひとつテンヤの底だち(仕掛けを海底に落とす)がうまく撮れません。
大きめ(8号)テンヤを使って、多分、底についただろうと想像しながら釣りましたが、潮の流れが速いのか、その後の糸フケ(潮で道糸が流される)にうまく対応できません。

とはいえとにかく頑張ってみましたが結局、真鯛の姿は見られず、大型のウマズラハギがお土産でした。

このウマズラハギ、今の時期はキモも十分で食べて美味しい魚です。

ま、晩酌のお供にはぜたくな一品でした。


薄造りをキモ和えで頂きました。

  • 2017.02.27 Monday

春がきた

2017.2.26
暖かな週末でした。

家庭菜園仕事は、そろそろじゃがいもの植え付け。とりあえず植える場所は確保しました。
来週あたりが種芋の植え付けです。

春の大根やカブ、葉物をトンネル仕立てで栽培します。畝に黒マルチを貼り、トンネルの用意をしました。

夏野菜の苗作り。畑の一角に資材・肥料置き場の小屋を作ってビニール貼り。さらに2重のビニール仕立てで種まきの床。先日の強風で壊されたところを修理し、種まき用のポットを準備しました。

これらの種まきも来週の仕事になりそうです。


菜の花がちょうど食べごろです。
軽く茹でてカラシ醤油で頂きました。
そろそろ春を感じる時期となりました。

とはいえ、3月の遅い雪とか、まだまだ寒い日が続きます。

待ち遠しい春、漁のほうもそろそろ出かけたいころとなりました。

  • 2017.01.30 Monday

鳥の餌場

2017.1.29
暖かな週末でした。
春が近いと勘違いしてしまいます。これから2月、まだまだ寒い日が続きます。

正月明けから寒くなって、山は雪で覆われるようになったのでしょうか、ことしもツグミやヒヨドリが里に降りてきました。

家庭菜園ではこの子達がキャベツ、ブロッコリーなどの葉を餌としてつつく様になりました。

それから2〜3週間、お隣の畑は無残な姿

ブロッコリーの葉は芯だけをのこしてこの有様です。

また、植え付けが遅れ巻かなかったハクサイ。これは春先の花芽のために残していますが

こちらも見事に食べられてしまいました。
さらに不要なおまけ付きです。

鳥たちにも菜園の野菜の美味しさが分かるのでしょうかね。

  • 2016.12.19 Monday

冬野菜

2016.12.19
この週末は天気もよく、11月中旬並みの暖かさでした。

冬の花野菜の収穫が始まりました。


ブロッコリー、こいつは中心の大きなところを収穫しても、そのあと、わき芽がどんどん出てきて、重宝します。



カリフラワー、我が家では花野菜のなかで一番人気者、ただし、ブロッコリーと違って収穫は一度きりです。

ともに野菜サラダの主役になります。



ヤーコンです。

芋の部分は貯蔵栄養素としてデンプンではなくフラクトオリゴ糖を大量に蓄積しており、収穫後1-2か月の保存によって分解してオリゴ糖となり、甘みが生じる。生で食べると、かすかにポリフェノールに起因する渋みを感じるものの、甘くしゃきしゃきした、ナシの果実に近い食感を持つそうです(ウィキペディアより)

葉は、一度蒸したあと、アクを絞り、乾燥させ「ヤーコン茶」として楽しみます。
整腸作用や理由は解明されていないようですが、血糖値抑制効果があると言われています。

いつまでも健康でいたいですね。

  • 2016.12.05 Monday

芋煮会

2016.12.4
今年の収穫祭としての芋煮会。
暖かい週末で、12月らしくない日でしたが各自の畑で収穫した野菜と肉などを追加購入して芋煮会を開催しました。

今年はサトイモが豊作です。夏の暑さと適度に降った雨のおかげです。

九州、東北、北海道では豪雨に悩まされたところもありました。お見舞い申し上げます。
幸い、埼玉県では被害もなく野菜も順調に育っています。


今年は、畑仲間たち、それぞれ用事ができたのか集まりはあまりよくなかったのですが、お二人のゲストを迎えることができました。

以前、畑仲間でしたが引退した人と、畑仕事のあとにとんかつ屋でヘボな競馬予想を楽しんでいるお仲間がゲストです。

今回来られなかったメンバーのためにももう一度芋煮会を開催したいものですね。

  • 2016.11.14 Monday

寒くなってきました

2016.11.13
先週は寒い日が続き、木枯らし1号も吹き、もう冬到来といった感じでしたが週末は暖かく、家庭菜園仕事もはかどりました。

菜園に向かう途中に咲いていました
皇帝ダリア

この花を見るともう冬が近いな、と感じます

菜園のコンロも火が入りました。
今日はヤーコン茶

お茶を沸かして焼酎のお湯割り
仕事疲れを癒します。

いや、お酒を飲むことが目的かもしれない。

菜園の仲間たち、後期高齢者ばかりで(すみません)お酒を飲むのも少なくなりましたが、一番若いこの私が一人でもちびちびやっていきましょう。

  • 2016.11.01 Tuesday

秋野菜

2016.10.30
10月最後の週末、秋を通り越して寒くなりました。

そろそろ、秋野菜の収穫です。
ダイコンなど収穫が始まりました。

9月になって種まきをしたシュンキク、カブ、二十日大根、京菜、小松菜は残念ながら害虫のエサとなってしまい、かろうじて生き延びたシュンキクや小松菜が収穫できたところです。
相変わらず野菜が高値ですが菜園で収穫されるようになったときは値段も下がってくるのでしょうね。

9月下旬、改めて種まきをした秋の野菜たちです。


二十日大根がそろそろです

京菜はまだ日にちがかかりそう

カリフラワー、こちらは無事でした。
年内には収穫を予定しています。

そろそろ菜園の休憩小屋でも火が欲しくなってきます。
ヤーコン茶やニガウリ茶を沸かして焼酎のお湯割りが恋しくなる季節です。

  • 2016.10.17 Monday

秋晴れ

2016.10.16
久しぶりに週末、いいお天気でした。
10月ともなり、朝晩は涼しく、日中は日が差すと畑仕事も汗が出てきます。

秋冬野菜のダイコンやカリフラワー、ブロッコリは順調に育っています。

しかし、葉物野菜は発芽後の害虫被害があり、種を蒔き直し、やっとすこし育ってきましたが、時期が少々おそかったような気もします。

以前、虫食いにあった白菜

虫食いでレースのような葉になっていた白菜、芯は残っていたのでそのまま見守っていました。
うれしいことに一週間でだいぶ回復してくれました。生命力!ってやつですかね。

ジャンボピーナッツ

この時期の最高のお酒のツマミです。
ピーナッツの塩ゆでを食べたくて毎年、栽培しています。
千葉産の一回り大きい品種です。

はやとうり

そして、こちらも季節にあわせて実りました。
生はもちろん、薄くスライスした酢の物、意外と油炒めも好評です。

このあと11月にかけて秋の収穫シーズンですね。

  • 2016.08.01 Monday

8月、盛夏

2016.7.31
今日で7月が終わり、明日から8月
梅雨も開け、真夏に突入です。

7月最後の甲子園6連戦、5勝1負で切り抜けました。
これから高校球児に甲子園を開け渡し、長期ロードに出るわけですが、昔と違って環境も良くなり、さほど苦労ではないようにも思えます。(勝つとネ)

今年、3回目の収穫のトーモロコシ

白い品種を作りました。
生でも甘い品種です
朝一番に収穫して、そうそう蒸します。こうすることで甘さを逃がさないとか。

確かにおいしくいただきましたが、実の粒、一つ一つが小さいような気もします。

もう一つ


ニラです。
特別なニラではありません。
緑のニラを切り取り、その上から遮光した箱を被せます(隣のプラ箱)
夏場ですと一週間から10日で、このとおり。
光を遮られ、光合成ができなく黄色いニラの完成です

真夏の家庭菜園でした。

  • 2016.07.28 Thursday

お見事

2016.7.28
いや〜!びっくりしましたね。1イニングに10連続打数安打、9得点。
やればできるじゃないですか、お見事!

能見さん、久しぶりの完封。期待されるベテランが好投すると安心感ががあり、お見事!



先日の秋冬野菜、順調に発芽していました。
お見事!

  • 2016.07.25 Monday

秋冬野菜

2016.7.24
マツダスタジアム、広島戦
とうとうその日がきました。鳥谷さんのスタメン外れ。連続フルイニング出場も667試合で途切れました。
今年の打撃成績、守備を見ていると仕方ないことでしょうし、金本監督もやっと決断したようですね。

鳥谷さん、気持ちを切り替えて後半戦、チームを引っ張って、盛り上げて下さい。
しかし、66勝4位も難しい状況でしょうか・・・・

秋冬野菜の代表として、ブロッコリー、カリフラワーの種を蒔きました。

昨年より一週間遅れての種まきです。

これから約一ヶ月、ポットで育てて、旧盆過ぎには畑に定植します。
また、その頃は大根、白菜の種まきの頃です。

旧盆開け、そろそろ涼しい風が朝晩吹くようになるのでしょうね。

毎年、夏場まで頑張ったトラ戦士たち、9月秋風とともに失走するのですが今年は下からなんとか上を目指すことになるのでしょうか?

この話題はまだ早いでしょうかね。

  • 2016.07.11 Monday

2週連続

2016.7.10
梅雨の晴れ間、暑かった週末の日曜日、畑仕事ははかどりません。

夏が似合うひまわり
今年もこんな季節になりました。

高校時代の友人にも「季節の言葉」もメールにひまわりを写メで送りました。
なにやら疲れていそうな君、元気をお出し!

2016.7.9
2週連続の快挙です。

きましたよいわゆる万馬券

ヘボ予想会場のトンカツ屋、畑の仲間ではないのですが、お店の常連です。

メインのレースを中心に馬連・ボックスという予想をする人です

以前は、サンケイスポーツの穴馬予想で有名な「ミトマン」さんの予想を中心に挑戦してなかなか当たりません。
近頃、「ボックス」という予想方法で時々的中するようになりました。

この日は、そのボックス予想にミトマン予想を組み合わせてヒットです。

さて、タイガースは広島に2連続3連敗、しかも甲子園でも歯が立たない。
これから好きな夏が始まるというのに、ペナントレースでは秋風が吹いてきました。
寂しいですね。

  • 2016.07.05 Tuesday

自慢話

2015.7.3
週末の家庭菜園での出来事です。

家庭菜園の数人の仲間たち、作業を終え、共同の小屋で喉を潤したり、一休みをしながら世間話。
そして、昼食時間が過ぎた頃、お馴染みのヤキカツ屋さんで冷たいビールを飲みながらぺちゃくちゃ、ぺちゃくちゃ。

そして、ヘボな競馬予想が始まります。

本命スジで、配当が安くても「当たってなんぼのもんじゃ!」の人
この人はなぜか,箸い数字を嫌う。
馬番連勝の新聞オッスを見ながら本命筋を捨て、適度な配当を狙う人
1頭を決めたら「流し」という予想専門の人
フォーメーションという買い方で三連複を狙いつつ、前日タイガースが勝った時は2枠(黒)と5枠(黄色)を、そして前日のヒーローの背番号を絡ませる人
最近加わった店の馴染み客、メインレースのみ馬番連勝をボックスという買い方に熱を上げている人

みんなヘボな予想屋気分です。

そんな中でも、今年に入ってのべ3回の万馬券を的中させました。

その中でもこの日の配当は18,140円と過去最高です。


予想は
本命◎が5番(人気は2番人気)
対抗○が11番(3番人気)
押え△で、3、7、9、10

これらを3連複フォーメーションという買い方で800円投資
見事、万馬券を的中。

てなわけで、ブログにアップ。
自慢話でした。

  • 2016.07.04 Monday

見極め

2016.7.3
昨日から猛暑が続きます。
梅雨入りして多少暑い日がありましたが、そろそろ猛暑の時期になったようです。
畑仕事も午前中の早い時間が楽ですが、日が高くなってくると水分補給の休憩が多くなります。

小玉スイカ、受粉してそろそろ35日頃となりました。収穫しようか迷います。

収穫時期の見極めとして、果実のツルの一番近くのマキヒゲが茶色く枯れた頃、と言われています。


そういえば、実を吊るしたビニール紐の右側のマキヒゲがかれていると思いませんか?(そういうことにしておこう)

こいつを今日、収穫です。

タイガース、土曜日は能見さんが好投してくれました。ベテラン勢の調子が今ひとつ、良かったかと思えばすぐに崩れる始末、といっても彼らを欠くわけにはいきません。
若手たちの活躍に一喜一憂、日曜日の岩貞くん、満塁ホームランで撃沈。

金本さん、ベテランを外すわけにもいかず、使い続ける若手も驚く程伸びない。
しかし、彼らが必要です。

誰を使うか、見極めがむつかしいですね。

  • 2016.06.23 Thursday

そろそろ夏野菜の収穫

2016.6.23
梅雨らしい、雨の朝です。

先週末、試しどりしたトーモロコシがちょうど今、収穫時期です。
昨日の朝、収穫に行きたかったのですが早起きできず、今日になりました。
残念ながら雨ですが今日を逃すとしばらく行かれないので決行です。

トーモロコシ、アスパラガス、モロッコ(インゲン)と今年初物のトマトを収穫


これからどんどん色付いてくるトマト
ピーマン、パプリカ、そしてビールに欠かせないエダマメが来週あたりから収穫が始まりそうで、楽しみですな。

明日からペナントレースも再開、ますは首位の広島とどんな戦いを見せてくれるでしょうか、こちらも楽しみです。

  • 2016.06.13 Monday

ちょっと変だぞ

2016.6.12
小玉スイカが実をつけました。今年は早朝に畑に来ることが少なく、スイカの人工受粉ができませんでした。
ところが、ミツバチなどのおかげか、数個の雌しべが自然受粉で実をつけました。

ここから35日ほど、熟れてくるのを待ちましょう。

今年の苗作り、マクワウリの苗作りがうまくいきませんでした。
そこで、園芸店でマクワウリの接木苗を購入しました。

枝が成長し、ネットに誘引していくのですが、すでに雌花が成長しています。しかし、ちょっと待てよ!

この雌花、なんだか変。マクワウリの雌花、実ではない。(左の○)どうみても
カボチャっぽい。
キュウリやスイカなど接木の際は、カボチャを台木に使うとか、どうやら、その台木が育ったようです。
右の○、マクワっぽい枝が3本、これを残してみました。

さてさて、本当にマクワウリが実るでしょうか?

  • 2016.05.30 Monday

梅雨に備えて

2016.5.29
セパ交流戦を前に東京ドームでの読売3連戦、全勝とは行きませんでしたがとりあえず勝ち越し。
メッセさんも頑張っているのですがなにせ鳥谷さんの一発だけでは勝てませんね。
明日からの交流戦、さてさて今年はどんなシーズンでしょうか?

5月の最終週、そろそろ梅雨の話題となりそうな頃です。

家庭菜園の仲間が集まり、休憩や資材置き場になっている小屋、数年前に屋根のシートを張り替えましたがそろそろ寿命です。

そこで、梅雨入り前にシートの張替えを行いました。

古いシートを外し、新しいのと取り替えます。



これで梅雨対策への準備は整いました。

みなさんご機嫌です。

  • 2016.05.26 Thursday

初物

2016.5.26
神宮球場、4点差を追いついたものの、9回裏、球児クンが打たれサヨナラ負け。
いつもなら追いつけないまま終わるところが、追いついたのはいいけど勝ち越せない。そしてサヨナラ負け。
こんなことが今後も続くのでしょうか?

今朝、初物のキュウリを収穫しました。


ピーマンもそろそろ、そしてトーモロコシの花が咲き始めました。
夏野菜もそろそろ時期ですね。

  • 2016.05.16 Monday

トマトを挿し木で増やす

2016.5.15
4月の後半から、春夏野菜の種まきやら苗植え付けやら、農業に忙しい週末です。
ほぼ、今年の夏野菜の準備は終わりました。あとは成長と収穫が楽しみです。

トマトの挿し木

トマトは脇から出る芽を欠いて一本仕立てにします。
その時、芽かきしたものを挿し木にするとちゃんと根が付き、苗として活用できます。
ポットに土をいれ、刺し、十分水管理をしてやると一週間くらいで根が付きます。
一週間後の挿し木

そして、さらに一週間ほど育てておいて、畑に定植します。

こうすることで親木より、すこし収穫時期を遅くすることができるのです。

さらに、近頃、フルーツトマトとか「極甘」とか、新しい品種が多く出回っているのですがその苗は高価です。

そこで、1本だけ購入して、あとは挿し木で増やすことができるのです。
セコイかな???

  • 2016.05.09 Monday

楽しみはとっておきます

2016.5.8
このところ風の強い日が続きます。
植えたばかりの夏野菜が風にあおられたり、風よけのビニールが飛ばされたり大変です。

土曜日は、また球児さんで勝てませんでした。やはり先発はむつかしいのでしょうか?
日曜日は能見さんで勝てませんでした。初回に崩れる癖は治まらないようですね。



枝豆とピーナッツの苗を植え付けました。

枝豆は、夏を迎え、ビールが美味しくなる頃が楽しみです。
ピーナッツは秋から初冬のお酒の友に楽しみです。

  • 2016.04.11 Monday

春本番

2016.4.10
暖かい週末でした。桜ももう散ってきましたが春本番です。

サンデー球児くん、負けてしまいました。最後に意地を見せて9回裏、1点差まで追い上げたのですが、結局追いつけず、甲子園でのカード負け越しとなってしましました。

来週頑張ってくださいね。

畑も春本番です。
春の山菜といえばタラノメ
これまでは数本の木があって、2〜3回は収穫できたのですが昨年これらの多くが枯れてしまって、若い木だけになってしまいました。
今年は我慢して株を増やします

もう一つの山菜がコゴミ
若い、ゼンマイのように巻いた頃に収穫して、茹でて胡麻和えなどでいただきます。ある程度の株があるようなのですが成長が不揃いで、しかも短時間で伸びてくるのでほとんど1回か2回、それもほんの一口程度の酒の肴です。

セリも伸びてきました。
こちらは、畑仲間といつものトンカツ屋に持ち込み、シュンキクと一緒に天ぷらで頂きました。
マスターさん、いつも持ち込みでごめんなさいね。

最後、アスパラガスも芽吹いてきました。
この時期気温が低いので収穫までは数日かかりそうです。
来週末あたりが良さそうですが、この頃は仕事や私事で畑にこられそうにありません。
3〜4日して早朝の出勤前に見に来ます。
そして収穫してみようかと思います。

4月は夏野菜の準備・種まき・植え付けなど忙しいのですが仕事を含め忙しくて困ったな!って感じです。

  • 2016.03.28 Monday

またまた、また菜園作業

2016.3.27
プロ野球シーズンが開幕し、初戦は中日さんに敗れはしましたが2戦目の能見さんが踏ん張り、3戦目の球児さんは前半飛ばしすぎたのか中盤で捕まってしまいましたが、打線がなんとか頑張って開幕勝ち越しとなりました。

若手の高山くん、横田くんも良かったし、ヘイグさんはマートンさんより活躍が期待できそう・・・・(まだわからないか)

開幕から●○○は縁起のいいスタートらしいですね。

昨日も家庭菜園、農作業でした。

夏野菜の苗作りです。
トマトとナス、まばらな発芽ですがこのうち数本を育てて5月の連休あたりに定植です。

  • 2016.03.22 Tuesday

またまた菜園作業

2016.3.20
暖かな週末でした。
オープン戦も終わり、いよいよペナントレースが間近になってきました。
タイガース、オープン戦でトップになったけど、果たしてリーグ戦はどうなることやら。

この3月、ブログのアップは農作業報告だけになりそうですね。



ビニールトンネル仕立ての春野菜、大根・京菜・小松菜・二十日大根・カブ、揃って発芽、今日は間引き作業でした。

先週、寒い時期があって心配していましたが順調に育っています。
次は収穫のご報告となるでしょう。

楽しみですね。
トラたちの開幕も楽しみです。

  • 2016.03.14 Monday

種まき

昨日のオープン戦、日ハム戦にまたも藤川さんが好投したようです。
5回を完璧に仕上げました。
先週は読売を倒し、今週は日ハム。
こうして日曜日に投げる「サンデー球児」くんがペナントレースでも、憂鬱な月曜日を明るい週明けにしてくれるといいですね。

2016.3.13
春の大切な畑仕事、エダマメとトーモロコシの種を蒔きました。

種まき後、保温と保湿のためモミガラをまきます。
そして、カラフルな色の粒(見えますか)は、最初だけの農薬。ダンゴムシやナメクジ避けです。
発芽した枝豆の子葉部分をかじられないよう、最小限の農薬使用です。

本当は無農薬と言いたいところですが、家庭菜園とはいえ害虫に食べられた野菜はあまり気持ち良いものではないですね。

収穫はまだまだ先ですが、ビールを美味しくいただくために欠かせない春先の仕事です。

その頃、トラ戦士たちがペナントレースを賑やかにしてくれていることを願います。

  • 2016.03.07 Monday

春の畑仕事

読売とのオープン戦、藤川さんが先発しました。
初回、1点はとられたもののその後安定して4回を投げ終えました。
打線も4回裏、6連打と繋がり、オープン戦とは言え、読売に打ち勝ったのは嬉しいものですね。

2016.3.6
春らしい暖かな一日でした。
雨模様の天気予報も日中は雨が降ることなく菜園仕事ができました。

2週間前に種を蒔いた春取りの大根、発芽が始まった先週、寒い日が続き心配していましたがなんとか頑張ってくれたようです

揃って発芽していました。
その他、カブ、二十日大根、京菜なども一斉に発芽していました。

春先のもう一つの仕事、じゃがいもの種芋を植え付けました。

大きめの種芋は2つか3つに切って植えます。
切り口にワラの灰をつけます。消毒の意味があるのでしょうか?

通常、切り口を下にして、芋の芽が出る部分を上にして植えます。
ところが、切り口を上にして、発芽部分を下にする、という植え方があると聞いて試してみました。


さてさて、6月の収穫時期に比べてみましょう。楽しみです。
家庭菜園ならでの比較栽培です。

6月、トラ戦士たちもペナントレース、楽しませてくれるでしょうか?

  • 2015.12.09 Wednesday

冬野菜、収穫祭

2015.12.6
寒くなりました。秋冬野菜も順調です。
里芋を収穫し、大根、ハクサイなどと一緒に芋煮会を開催しました。

夏は暑く、雨も適当に降ってくれたおかげで里芋も順調でしたが、数が多い割には小粒でした。

畑仲間でワイワイ・ガヤガヤ
美味しく頂きました。

今年もあと1ヶ月を切りました。
大根、ハクサイを収穫しながら春を待ちます。

そうそう、仲間で畑仕事のあと、競馬予想を楽しんでいます。
しかし、みんな「ヘボ予想屋」と呼ばれています。

6日の中京11レース
誰もが「ノンコノユメ」が勝つことを疑うことはなかったレース、なんとか2着には食い込みましたが、なんとデムーロさん騎乗の「サンビスタ」が一着でゴールイン。
馬連-い亘馬券でした。


大橋さん、おめでとう!!!!

  • 2015.11.09 Monday

秋の畑仕事

2015.11.7
季節は秋です
関東地方は先日の雨で畑が潤っています。

先週、玉ねぎを植えました。

黒マルチで覆い、極早生と丸玉の赤玉ねぎ、それと畑仲間からいただいた普通種の白玉と赤玉。
あとは来年の春まで成長を待ちます。

カリフラワーが一気に収穫です。

徐々に収穫したいのですがこの暖かさで一気に育ってきました。

時期はずれのキュウリ
今年、キュウリの種を取りました。種を取っていた場所から芽が出ました。
時期はずれで無理だろうと思っていたのですが1本、見事なキュウリに育ちました。あと、鉛筆くらいの実が数個あります。
さてさて、このあともう少し暖かい日が続いてくれればいいのだが・・・・

  • 2015.10.26 Monday

秋の収穫

2015.10.25

昨夜(24日)に「木枯らし1号」が吹いたようです。

西高東低の気圧配置で北寄りの8m以上の風が吹くとそう呼ばれるようです。今年の関東地方、昨年より3日早かったとか。

風が強い一日でしたが秋晴れの気持ちよく、秋野菜も順調に育ちいろいろ収穫しました。

ダイコン、中身にピンクが入ったサラダ用のダイコン、二十日大根、京菜、小松菜などなど


カリフラワーがつぼみをつけました。収穫はもう少し大きくなってからにしましょう。

秋のくだもの、柿も食べごろです。

そうそう、時期はずれのぶどうが完熟となり、甘さも増してこちらも食べごろでした。
春に花が咲き、夏、美味しく頂いたぶどう、7月の袋かけのころ、実った枝の先を剪定したところ、そこから新しい芽が出て花が咲き、実りました。
色付き始めた頃はすっぱくて、やはり時期として無理かなと思っていましたが、こうして完熟するとりっぱなぶどうになりました。

今年もドラフトで指名し、将来が期待できる新人が入ってくれればいいですね。
そして、金本新監督、掛布新2軍監督さん、りっぱな選手に育ててください。

  • 2015.10.05 Monday

秋のぶどう

2015-10-3

季節ももう秋ですね。
4日、広島との最終戦、勝てばCS文句なし。でも、やっぱりトラは期待を裏切りません。黒田に完封負けです。

8月に家庭菜園のぶどうの収穫をアップしました。
その際、第2弾が実っていました。



まばらですが、きれいに色が付きました。
味は?????
とてもスッぱいですが香りはぶどうでした。

甘くないですね。
トラもぶどうもですね。

  • 2015.08.17 Monday

ぶどうの収穫

2015.8.15
家庭菜園の仲間と共同で借り、休憩場所になっているところでぶどうを栽培しています。
今日はその収穫です。
20房くらい立派なぶどうができました。仲間で分け合います。

少し色付きがまばらなものはまた袋かけしてあと一週間くらい待ちましょう。

先日から気になっていることがあります。

春、ぶどうの花が咲き、「種無し」の処理をしていただき、実った枝の先端を選定しました。

やがて収穫を迎えたわけですが、選定した枝の先に新しい芽が出て、花が咲き、ちゃんと実がつきました。

ところでこれはちゃんと完熟するまで育つでしょうか?

  • 2015.07.27 Monday

またまた暑いですね

2015.7.26
春夏野菜が終わった畑、雑草を取り、秋冬野菜用に耕します。
日が昇ると暑くて、朝5時頃から2〜3時間しか仕事になりません。

この日は、この夏最高の暑さではないかと思いました。

畑仲間の一人が長期出張で農作業が滞ていました。ほんの少しのお手伝いですが、ナス・キュウリの周り、雑草に覆い被さったところの草取りと、大きくなったキュウリや完熟過ぎるミニトマトを収穫し、オーナーにお届けしました。

オーナー宅は町内でカラオケスナックを経営しています。
この日はママさんのご兄弟が集まって納涼カラオケ大会でした。
そこに、我々畑仲間も参加させていただきました。

馴染みのお客と畑仲間

カラオケ大会で暑さをぶっ飛ばそう!
と思っていましたがお店のクーラーもこの暑さで調子悪く、汗をかきかきですが、楽しませていただきました。

ママさんのご兄弟には畑での収穫物をお持ち帰りいただきました。

また誘ってくださいね。

この夜はメッセンジャーさんが頑張りました。
途中、内野ゴロのセーフの判定にイラついたところがあり、心配しましたがマートンさんの超美技(いや、普通の野手なら当たり前のプレーかな)に助けられたり・・・・
この日は次男とテレビ観戦

自分も、息子たちも球場に観戦に行くとトラは負けます。
なかなか勝利の六甲おろしを歌えません。

とりあえず今日はテレビ観戦で勝利の六甲おろしを歌いますか。

  • 2015.07.23 Thursday

秋への準備

2015.7.23

まだまだ暑い日が続きます。
とは言っても、そろそろ秋冬野菜の準備に取り掛かる頃となりました。

先週の土曜日に種を蒔きました。そして順調に発芽が始まりました。



カリフラワーは普通の白と小ぶりのオレンジ種
ブロコリーとキャベツ

本葉が2〜3枚になると大きめのポットに移植し、さらに10〜15cmくらいに育ったら畑に植え替えます。

そうして寒くなる頃、収穫を迎える予定です。

さてさて、今年はどんな塩梅やら???

  • 2015.07.21 Tuesday

暑いですね

2015.7.20
台風の後も暑い日が続きます。
家庭菜園仕事もはかどりません。

ニガウリロード

夏の野菜、ニガウリ(ゴーヤ)です。緑のカーテンならず、ニガウリのトンネルです。
陽が高くなってもこの中は涼しく感じます。

ミニトマト

夏野菜の定番、ミニトマト
「アイコ」という品種で赤と黄色の2種。そのほか桃太郎や中玉トマト、フルーツトマトなど今が真っ盛りです。

挿し木のトマト

トマトは成長につれ、脇芽を掻きます。そのときの脇芽を挿し木にするとちゃんと根付きます。
このスペースにはモノタロウ、アイコ、フルーツトマトの挿し木を育てています。
桃太郎がもうじき収穫時期を迎えます。
こうすることで少数の苗を購入し、株を増やすことができました。

それにしても暑い夏がやってきたというのに、昨夜の甲子園は寒かったですね。

  • 2015.06.29 Monday

梅雨の晴れ間

2015.6.29
週末を仕事に取られ、今朝は家庭菜園にて夏野菜の収穫です。

梅雨の合い間ですが、青い空とひまわりがちょうどいい雰囲気でした。


じゃがいもを収穫、ほどほどのでき具合です。メイクイーンと男爵を植えましたが、男爵のほうが成績が良かったみたい。

先日、トーモロコシを試しどり。そして今日、本格的に収穫しました。
毎年、第1弾目はあまり虫がつかず、粒も揃っていたのですが、今年はすでに虫が入っていました。段階的に収穫しようかと思いましたが虫に食べられるのも癪なので全部収穫、そしてすぐに蒸します。今夜もトーモロコシでビールなど。

スイカの収穫はいつも迷います。

「ツルヒゲが枯れたら収穫の目安」と言われるので見てみましたが、ツルヒゲは完全に茶色く枯れています。



で、試しどり。



ま、こんなもんでしょうか。

とりあえず冷蔵庫で冷やして、こちらも今夜味を試してみましょう。

週末、特に日曜日。
タイガースが勝つと、週明けの月曜日は気分が良い。
火曜日には気を病むのでしょうが・・・・

  • 2015.06.26 Friday

夏野菜

2015.6.26
ここのところ夏野菜の収穫が頻繁になりました。

トマト、キュウリ、ナス、インゲン、アスパラと、4〜5日おくと成長しすぎ出勤前の早朝に収穫する日が多くなりました。

今朝は、トーモロコシの試し採り。ちょっと若かったかなと思いますが朝採りをさっそく蒸し、帰宅後のビールのお供が楽しみです。

今日は甲子園でのDeNA戦のテレビ放送があるのですが雨模様が気になるところです。

マクワウリの雌花

今年のマクワウリ、第1果は2〜3個雌花が咲きましたがうまく受粉できたのは1個でした。
にぎり拳くらいの大きさに育ち、すこし黄色がかってきました。

第2果は2個がピンポン玉程度に、そして今朝、第3果として数個の雌花に受粉を行いました。

さてさて、順調に育ってくれるでしょうか?

  • 2015.06.18 Thursday

夏野菜の収穫

2015.6.18
早朝、夏野菜の収穫です。
キュウリ、ナス、ピーマンはすでに初物の収穫は終わり、ジャガイモも手探りで大きめのものから収穫しています。

本日の初物、その一
エダマメです。
今夜のビールのお伴です。

トマト、ミニはすでにいくつか収穫しましたが、大玉は今年の初物
桃太郎という品種です
うちのカミさん、トマト大好き人間。まだか、まだかとせがまれていましたが初物です。

こちらは初物ではないのですが
アスパラガス
今年は細いものばかりでしたが、このところの雨でやっと親指程度のものが伸びてきました。

おまけは小玉スイカ

5月末に人工受粉したもの、小玉スイカらしい大きさまで成長しました。
7月にはいって収穫が楽しみです。

  • 2015.03.16 Monday

困ったことに

2015.3.15
だいぶ春らしくなってきました。
前回、トンネル仕立てのダイコンの発芽を書きましたが、今朝畑に行ってがっかり!
霜焼けした大根

先週、とても寒い朝がありました。
発芽したダイコンたち、大丈夫かな?と心配はしていましたが、案の定、このとおり霜にやられて2枚葉が焼けてしまいました。

なんとか無事、耐えてくれた株もあるようですし、2枚葉はやられたけど「芯」は残っているものもあります。

今後の暖かさで蘇って欲しいものです。

春、まだ寒い時分からトンネル仕立ての温々育ちのダイコン、やはりちょっとした寒さには弱いものです。

阪神球団の、まるで機関紙のようなディリー新聞。
トップページからさらに2〜3ページは阪神の記事。

他紙では掲載されないような若手の話題が満載です。
ディリーによって温々と育てられています。

若い選手たち、きっとプロは甘くないことを知らせれるでしょう。
しかし、その中から踏ん張って這い上がり戦力になってくれることを期待し、開幕を迎えたいと思います。

  • 2015.03.09 Monday

芽が出ました

2015.3.8
このところ、寒さが戻り真冬の気候が続いています。
先週、トンネル仕立てでダイコンの種を蒔きました。
寒さが続く中で、どうだろうと心配していましたが、無事に発芽したようです。

青首ダイコン

同時に蒔いた、二十日大根、京菜、小松菜も無事発芽が始まりました。
順調に育ち、暖かくなった頃、収穫を迎えたいものです。

若トラもキャンプからオープン戦と頑張っているようです。
開幕から一軍に登録されるよう育つのはどのくらいいるでしょうか、こちらも楽しみです。

  • 2015.03.02 Monday

春の農作業

久しぶりのブログ更新です。

2014.2.28

そろそろ春の足音が聞こえてきそうな、3月になりました。これから、晴れたり雨が降ったり、暖かかったり寒かったりが繰り返し、春がやってきます。



道端に咲いた花。「ほとけのざ」と「いぬふぐり」の仲間。(正式な名前がわからないので)
寒い冬でも、春を待ちきれず咲いています。



春のダイコンの種まきです。
毎年、この時期にトンネル仕立てで種を蒔きます。

青首ダイコン
小松菜
サラダ感覚の京菜
そして二十日ダイコンの種を蒔きました。


球界もオープン戦が始まりました。
暖かくなる頃、目覚めてくる若トラはいったい誰でしょうか?
楽しみにしましょう。

  • 2014.12.08 Monday

冬が来た

2014.12.7
先週から一気に寒気が降りてきて寒い、辛い冬がやってきました。
週末は布団から出るのが嫌になるような寒さでした。

家庭菜園の野菜が真っ白な霜に覆われています。
土は霜柱が立ちます。
冬野菜は霜にあたり、美味しさを増すと言われますが、作業は寒く辛い時期となりました。

郷里の近く、徳島県でも大雪の被害が出ているようです。

冬に突入したばかりで、「早く暖かい春になれ!」と望むのはまだ早いでしょうか?

  • 2014.12.01 Monday

芋煮会

2014.11.30
家庭菜園仲間と、里芋を中心とした「芋煮会」を催しました。

毎年、11月から12月にかけて秋冬野菜の収穫祭として行っています。

まずは焼酎で乾杯

今年の味付けは準会員の遠藤さん。(写真の右端)
肉の持ち寄り担当でもあります。
お味噌仕立ての鍋、最初は少し薄味かと思うくらいがちょうどいいですよ、遠藤さん。

畑仲間で紅一点の元美人さんです。

そして、ゲストの3人です。我々畑仲間のお隣で菜園を楽しんでいるおじさん、時にはこうしてみんなと集まって会話ができることを喜んで頂きました。
そして、この絵の真ん中に居る仲間の奥様とそのお友達、たくさん召し上がってくださいね。

さてさせ、今年も無事収穫祭が終わりました。

しかし、困ったことが発生しています。
以前、市からの注意があったのですが今度は県からのお達しでこうして畑の小屋で焚き火をしお茶を沸かしたり、暖を取ることに異議が発生しています。近所の住宅の方から煙に対して苦情がはいったようです。

雑草や収穫時の野菜くずは土に埋めて堆肥化させますが、ニガウリなどのつるものやトマト、ナスなど枝ものは、乾燥させ燃やして灰にして土に返しますが、この時出る煙や飛散する灰に対して苦情が出たため、菜園を借りている人たちはかなり自粛してきました。時折、風のない日を選んで燃すことはありますが、住宅方面へ飛ばないように心がけています。

そして、今度は小屋での焚き火にも苦情が入ってきました。
なるべく煙のでないように、また炭を使って煙を出さないようにと工夫しているのですが・・・・・
「毎週、土日になると畑仲間が焚き火をして、さらにお酒を飲んで騒いでいる」と感じている周囲の人の妬みもあるのでしょうか?

こちらもなるべく周囲への迷惑にならないように心がけています。
畑仲間の楽しみを奪わないで欲しいものです。

  • 2014.12.01 Monday

秋野菜の収穫

2014.11.29
秋野菜の収穫です


大根3種類
普通の大根、果肉に薄い赤の斑点がある生食用の大根、サラダで美味です。そして、緑の辛味おろし用大根です。
サニーレタスとキャベツ、小カブと里芋とハクサイ、そしてカリフラワーです。

これらは宅配便にて、滋賀県に住む長男に送ってやろうと思います。
奥さんと二人、それぞれ小さめの野菜です。

今年は、全体的に種まきが昨年より1週間くらい早かったのですが収穫は半月からひと月早まりました。9〜10月の気温や天候も左右するのでしょうね。
秋野菜を楽しんでいます。


そうそう、それに明日は畑仲間の収穫祭としての「芋炊き」です。
これから、主役の里芋を掘ろうと思います。

  • 2014.11.05 Wednesday

困ったことだ

2014.11.03
各地で猛威をふるった二つの台風も、関東地方では早足で通過し、それほど被害が出なかったようでした。
家庭菜園の野菜たちも無事でした。また、適当に雨も降り、暖かな10月でした。

秋野菜が順調に育っています。

しかし、順調だったハクサイ。
最初の収穫では、生食でOKという品種、美味しくいただきました。

そして、今度は白菜の漬物をつくろうと普通種の収穫に行ったのですが・・・・



なんと、虫に食われて無残な姿

困ったことだ。

種を蒔いて芯が巻き始めるまでネットを張ってモンシロチョウの幼虫、青虫からは保護できましたが今度は、名前はわかりませんが何かの幼虫、青虫よりすっと大きな虫に食い荒らされています。

困ったことだ。
虫も食べないような野菜は人間だって美味しくないだろう、とは思うのですがこれだけ被害に合うと考えてしまいます。

少しくらいの農薬は必要なのでしょうか?

  • 2014.10.22 Wednesday

ゆで落花生

2014.10.22
先日のテレビでマツコデラックスさんが、千葉の落花生を紹介し、茹で落花生が美味であると話していたらしい。

我が家では、それを食べたくて数年前から落花生を栽培している。


落花生はその名の通り、黄色い花が咲終わると子房柄(子房と花托との間の部分)が地中に入り実を付けます。

10月中旬から、葉がかれ始めた頃収穫をし、塩ゆでにしていただきます。
美味です。


この落花生、「ジャンボ」と呼ばれる通常の約2倍の実がなる種類です。
大味な感じもしますが、立派なお酒の友になります

  • 2014.10.20 Monday

ハヤトウリの漬物

2014.10.19
秋晴れの日曜日でした。
パ・リーグは日ハムさんとソフトバンクさんがCSに盛り上がっています。

タイガースは昨日で終わってしまいました。
例年なら、また負けて終わった! てな感じですが、なんと読売に4連勝で日本シリーズ挑戦が決まりました。

で、今日は試合がありません。
ひとつ負けて、今日も試合を見たかった・・・・
てのは、贅沢でしょうか。

ハヤトウリを収穫、塩漬けにしました。


一週間ほど塩漬けにします。
そして、酒粕に漬け込み、3ヶ月ほど寝かせます。

毎年、夏場に愛媛の親戚から白瓜の粕漬けが送られてきていました。
母親の味が忘れられなかったのですが、母方の叔母がつくってくれます。
しかし、それも高齢のため一昨年で終わっています。

いただいた白瓜の粕漬けの粕床に、この塩漬けをしたハヤトウリを漬け込みます。

母親の味、叔母の味を受け継いでいこうと思っています。

  • 2014.10.14 Tuesday

今年もこの季節になりました

2014.10.13
関東地方にまもなく台風がやってきます。
畑の整理をして豪雨・強風に備えます。

今年もこの季節になりました
ハヤトウリ

ハヤトウリ、千成瓜とも呼ばれ、1本の苗が成長し、たくさんの実をつけます。
しかし、長く伸びた茎の先、わき芽に実をつけるので大きく育ったようでも収穫場所はいつも同じようなところです。

若いうちは生食で。サラダや漬物(ぬか漬け)、また肉などと炒めても美味しくいただけます。
すこし大きくなったら、1週間ほど塩漬けにしたあとで酒粕に漬け込み3ヶ月待ちます。
おいしい粕漬けが食べられます。

これを1年くらい寝かせておくと飴色になりさらに美味しくなります。

来週あたり漬物つくり。そして昨年つけたものが食べごろ。

朝晩が寒くなる頃、畑仲間で囲炉裏風焚き火場でお茶、ヤーコン茶やゴーヤ茶を沸かし、焼酎のお湯割りをいただきます。

もうすぐですね。

  • 2014.08.25 Monday

ゴーヤ茶つくり

2014.8.18
先週、岩貞さんの初勝利でした。今週も頑張ったようですが残念ながら白星はつきませんでした。
それにしても関川さん、代打の神様にまた近づきました。見逃せないのが同点の押出四球を選んだ伊藤隼さんでしょうね。
生え抜きの好打者(強打者)として育ってほしいものです。



今年もゴーヤ茶を作りました。
ちょっと熟れすぎたものや大きさ、形の中途半端なものをスライスして天日で乾かします。
3日くらいで乾燥したら最後はフライパンで煎り、香ばしくなったところで完成です。



家庭菜園仲間と畑仕事の合間に頂くお茶、ゴーヤ茶やヤーコン茶を使います。
今は暑くてお茶を沸かすことはないですが、秋風が吹く頃にの暖かいお茶が楽しみです。

首位争いに暑い(熱い)トラ達。秋まで楽しませてくれるのでしょうか?

  • 2014.08.14 Thursday

夕食のメニュー

2014.8.13
今週は皆様お盆休みなどがあり、時間に余裕があるので、今日は早朝から涼しいうちに農作業。

かみさんと二男坊は千葉県銚子方面へドライブに行ったので一人で夕飯(晩酌)です。

接戦を制した昨日の試合を思いうかべながら、今日勝つと奪首か!とテレビ観戦。

今日の夕食のメニュー


すべて畑で採れたものばかりです

上の段
左から、キュウリの浅漬け、定番です。
真ん中、オクラを生でスライスして、鰹節と醤油でいただきます。
右がエダマメ、今季第4段目のエダマメですが、ぷっくりと形はいいのですがサヤと豆の間の薄皮が固くなって口触りがよくないですね。ま、今季はこれで終了でしょうか。

真ん中の段
左から、焼きナス。今年のナスの出来具合は「優良」といったところでしょう。
真ん中、ヘチオクの塩麹炒め。ヘチマとオクラの掛け合わせだというヘチオク、緑の固い皮をむくと白い、やわらかい果肉が出てきます。輪切りにしてほかの野菜といためもの。ヘチマとオクラの掛け合わせというが、ヘチマの遺伝子が多く残った野菜です。
一緒にいためたのがアスパラガスと赤ピーマン、赤玉ねぎ、です。全部畑から収穫したもの。
右はトマト。大玉(桃太郎)が早い段階で立ち枯れして、困ったなと思っていたのですが、さし木で育てた苗がどんどん育ちました。親株の収穫が終わったころ、第2弾としてちょうど今頃が収穫時期です。

下の段
左がモロヘイヤ、右がツルムラサキのおひたし。
(一番右は醤油です)

今夜は一人、これらを酒のつまみにトラ戦士の活躍をのんびり観戦しよう、と思っていましたが、初回から岩田さんがつかまってしまった。
その後も追加点を許し、攻撃では”あとひといき”、と思いながらも”やっぱりか!”とあきらめムードの展開

いつものことながら「ここ一番」に弱いですね。

  • 2014.08.12 Tuesday

マクワウリ

2014.8.9
地這えで育てていたマクワウリが収穫時期になりました。

ほんのりとした香りと甘さ、なつかい味です。

先日、長男の嫁さんの実家から本物のメロンをいただきました。かみさんと二男坊は本物のメロンはよく食べます。

マクワウリもおいしいよ、とひとりで頂きました。
かみさんや二男坊は懐かしくないかもしれませんが四国に育った自分は、当時は黄色いメロンだといって食べさせられたものです。
そして、おいしいものだと思いました。

畑にはもういくつか収穫を待っているものがあります。
今週はお盆休みで長男も帰ってくるでしょう。

みんなで素朴な香りと甘さを楽しみましょう。

9日から10日の台風一過で、強風が吹き荒れた畑が心配です。
今日(12日)、状態を確認して出社しようと思ったのですが昨日までの現場仕事で少々疲れ気味。
きっと、キュウリやニガウリ、トマトなど背の高いものはなぎ倒されているかもしれません。
明日、確認してみようと思います。

  • 2014.08.04 Monday

さし木のバラ

2014.8.3
関東地方は猛暑ですが、台風の影響で四国地方は豪雨のようです。あちこちで被害が出ているようですが、人命を奪うような災害だけは御免です。
郷里である愛媛県瀬戸内側は雨量も少ないようですが、次の台風も控えています。危険がせまったら早めの避難をお願いしたいものです。

郷里で高校時代のお友達とちょっと一杯!というときはまず、焼き鳥屋さんか地魚を料理してくれるところでビールでカンパイ。
適当に会話とお酒がすすむとスナックへカラオケを歌いに行きます。

たくろうの曲を中心に歌います。

このスナックの常連さんに”ゲンじい”(だったと思います)さんがいて、バラの花をたくさん育てているそうです。子供や孫、ご近所さんにもお分けしているそうです。

バラを増やすのはさし木で増やします。さし木といえば春先に行うのかと思っていました。ゲンじい曰く、秋から初冬の寒い時期にさし木をするほうがしっかり根付いて春にはしっかりとした株になる、と教わりました。

そして、昨年の秋、実行してみました。
2本のさし木を行い、防寒も含めて育苗用の小屋で育てました。
そのうちの1本が花をつけました。


ゲンじい!いかがですか?
このことを報告するため、カラオケを歌いにスナックへいけるのはいつになるでしょうか?

  • 2014.08.01 Friday

夏野菜

2014.7.31
7月も今日で終わり。夏野菜を色々収穫し、滋賀に住む長男にいろいろ詰め込んで送りました。
喜んで食べてもらえるでしょうか。

夏野菜

シロウリとマクワウリです。
3月に播いた種が一度はちゃんと発芽したのですが、ダンゴ虫でしょうか、ナメクジでしょうか、双葉のときに食べられてしまいました。
その時、残った種が少しあったので改めて種まき。そして順調に成長し、みごとに実をつけました。

マクワウリは子供のころは黄色いメロンとしてうれしくいただいたものですが、近ごろの本物メロンのような甘さはありませんでした。
でも懐かしい味がします。

赤いオクラ

ふつう、緑のオクラですが、赤いオクラは薬味に彩りを加えてくれます。
しかし、決して熱を通してはいけません。くすんだ緑になってしまいます。

昨年とった種を播きました。
順調に育って実をつけ始めましたが・・・・・
ごらんのように実の先っぽが緑に近くなっています。昨年、普通の緑と隣り合わせで栽培した時の種です。混血になってしまったのでしょうか

ヘチオクラ

一昨年も紹介しましたが、へちまとオクラの掛け合わせた種類の野菜だそうです。固い皮をむくと白くやわらかい果肉が出てきます。中華風野菜炒めに最高です。

長男に送った野菜の中にも入れました。
きっと彼はどうやって調理するのだろうかと悩むことでしょう。

  • 2014.07.28 Monday

念願のイサキ釣り

2014.7.26
6月から行きたくて仕方なかったイサキ釣り。
台風の余波でキャンセルがあったり、せっかく船宿から誘われても帰省など所用で行けなかったイサキ釣り。
やっとの釣行です。

いつものように釣行前の夜をと、早めに布団に入ったのですがなかなか寝付けず、うとうとしたまま出かける時間となりました。

埼玉県春日部から千葉県大原港まで、深夜の2時間ほどのドライブ。
途中、房総半島は濃いモヤがかかり、慎重な運転で港につきました。
4時過ぎ出港です。

ベタなぎ

陸だけでなく、海上ももやっていて前が見えないほど。
明るくなって、ポイントに近づくのですがまったくモヤは晴れそうにありません。
そして、海面はまるで瀬戸内海かと思わせるベタなぎです。

これで納得の釣果があれば楽しい釣りになるのですが、こういうベストな日に限って、潮の流れがなかったり、水温の変化があったり、魚の活性がなかなか上がらないことがよくあります。「ナギ倒れ」って感じでしょうか。

今回のイサキのポイントはかなり小さいのでしょうか、船長は慎重に船廻しを繰り返し、やっと投入の合図です。
タナは24m〜20m。リールにまかれた道糸の色を数えながら期待を込めて第1投。

早々、右トモのお客さんにアタリ。
その後、何度か投入を繰り返して本日最初のアタリ。
そして、飽きない程度にポツポツとイサキが釣れました。

25cm位の塩焼きサイズがほとんどで、30cm超えの刺身サイズもぽつぽつ上がってきます。

船長は、一匹かけたら追い食いを待つよう指示してくれるのですがなかなかそうはいきません。時折、ダブルはあるものもトリプルなしでしばらくは同じような釣れ具合を楽しみました。

ツ抜け(10匹)のところで獲物を氷の入ったクーラーへ。
そしていくつかポイントを変えたところで、仕掛けがポイントまで落ちません。
5〜6mのところでいきなり走り回る仕掛け、「よし、青物だ!」
この時期、ショゴと呼ばれるカンパチの子供がよく釣れることがあります。
しかし、もっと早いスピードで仕掛けが走り回ります。

ソーダカツオでした。



今年初のイサキ、まあ納得できたでしょうか?
外道ですがお土産のソーダカツオも釣れ、納得としましょう。

さて、問題は帰宅後です。2〜30匹の獲物を捌くまでが僕の仕事。

大型イサキは刺身用に。
中型は塩焼き用。
そしてちょい小型は開いて一夜干しに。

ソーダカツオは面倒でも捌いてタタキにしましたが、小さいのと同時に台所のガスレンジでは火力も弱く、なかなかうまく表面を焦がすことができませんでしたがたっぷりの薬味とポン酢でなんとか食卓を賑わすことができました。

さて、トラは?
よそう、ビールがまずくなる。

  • 2014.07.22 Tuesday

秋冬野菜の仕込み

2014.7.19
梅雨空で日差しがない割には湿気が多く蒸し暑い一日です。
夏野菜も最盛期を迎えました。

キュウリ、トマト、ナス、アスパラガス、そしてトーモロコシに枝豆。
ゴーヤも初物をいただきました。

3月に種を播いたのですが発芽と同時に虫に荒らされたシロウリやマクワウリでしたが、そのあと少し遅れて後の芽だしした苗が順調に育ち、たくさんの脇芽がそろいました。
マクワウリ
自然交配でいくつか着果しました。
楽しみですね。

秋冬野菜、キャベツ・ブロッコリー・カリフラワーの種を播きました

昨年は7月末と遅れ、年内収穫ができなかったのですが・・・・
今年はどうでしょうか

毎年、8月・9月の秋冬物が順調に育つ頃、タイガースは力尽きてしまします。
野菜もタイガースも今年はどうなることやら・・・・

  • 2014.06.27 Friday

夏野菜の収穫

2014.6.27
このところ、土日が仕事にとられ、畑仕事がおろそかになっています。
時折、収穫には顔を出すのですが、草取りなどほとんどできていなく一面、雑草まみれです。
収穫物

今週も土日に仕事が入っているので今朝、とりあえず収穫だけでもと出かけてきました。

本日の収穫
トウモロコシを試しに3本、ちょっと若いかな?とも思いましたが今年の初物です。朝どりをふかして頂いてみてよければ残りを収穫しましょう
隣の小さなものはヤングコーンとしてゆでてサラダでいただきます。

モロッコいんげんが少し、去年に続き今年も形がよくなく収穫量も期待できそうにありません。

ミニトマトを少し、アスパラガスはちょっと伸びすぎと2年目のまだ細いものです。

小松菜、夏物は徒長してはいるもののやわらかそうです。

今度の仕事が終わったら草取りに励みたいと思います。

  • 2014.06.19 Thursday

ラッキョウの甘酢漬け

2014.6.18
ラッキョウの甘酢漬けをつくりました。
8日、収穫して下準備をし、塩漬けにして10日目、いよいよ甘酢に漬けこみます。

2012年にも同じようにつくり、その残りが少なくなってきました。そして今年、漬けこみます。

今年のラッキョ、丸々と太った立派なものを1kgほど甘酢漬け用に、そして残りは来年用の種球根として保存しました。



我が家ではラッキョウはあまり人気がありません。1kgを漬けると2年間持ちます。だから、来年のラッキョはエシャレット風にいただき、多めに栽培して翌年漬物にします。

そういえば梅干しも同じように隔年で作りますので今年はお休みでした。

タイガースも毎年、優勝争いに参加して隔年でペナントを勝ち取る。そして日本一へと・・・・・
期待するとこは無理でしょうか

  • 2014.06.10 Tuesday

トマトの立ち枯れ

2014.6.10
先週末から低気圧が居座った関東地方はたくさん雨が降りました。
おかげで土曜日は予定していた千葉県館山の手漕ぎボート釣りが中止、畑仕事もできませんでした。
日曜日は時々霧雨の中、なんとかシロウリやマクワウリの苗を植え付け、ジャガイモを手探りで大きめのものだけ収穫しました。

マクワウリの苗

マクワウリはネットに這わせて作ります。黄色い大きな実がぶら下がることを想像しながら育てていきます。

今朝、昨日までの雨で畑はどうなっているかと、早起きして確認してきました。
日曜日に行った作業は問題なかったようです。

ところが
トマトが・・・

ここの家庭菜園仲間から「トマトのスギちゃん」と言われ、トマトつくりには自信を持っていました。
ところが「桃太郎」2本が立ち枯れそうになっているではありませんか・・・・

どうしたことでしょう????

そういえば、日曜日の作業で伸びたトマトを支柱に固定しながら伸びた脇芽を摘み取りました。
「雨の日は脇芽を摘んではいけない、切り口から病気が入るゾ」と畑の先輩から言われたのに、それを守らなかったせいでしょうか???

たぶん、この状態では生き返らないと思います。
先輩の言葉はよく聞きましょう!と反省。

  • 2014.05.15 Thursday

春野菜の収穫

2014.5.15
春の野菜を収穫しました。



2月の大雪の際、大丈夫だろうかと思っていたキャベツ、順調に育ち収穫時期を迎えました。
春用のトンネル大根、順調か!と思っていたのですがここにきて花芽を持ち始めました。急いで収穫、多少小さいですが良しとしましょう。
玉ねぎ、早生種は順調です。赤玉ねぎはまだ少し早いかもしれない。収穫後、しばらく置いてからのほうが輪切りにしたとき赤が映えます。

収穫できるもの色々取り揃えて長男の住む滋賀県に送ります。

喜んでもらえるでしょうか。

  • 2014.05.12 Monday

野イチゴ

2014.5.11
甲子園では二日続けて読売に負けた。
11日はデーゲームでメッセンジャーさんががんばっている。
今季、2回目の完封!
お疲れ様でした。

野イチゴ

今年は野イチゴの花がたくさん咲きました。
期待していました。

でも、赤く実ったイチゴはとても小さくて形もよくありません。
野生で見た、あの、プクッとした大粒の野イチゴのようにはいきません。

野生種を環境の違う畑では無理なのでしょうか?
今年はかなり生い茂っています。すこし、枝を剪定し、摘果する必要があるのでしょうか?花が咲いた頃にあまりミツバチが飛んでこなかったのも要因でしょうか?

来年、立派な実をつけさせるためにはどうしたらいいのか、どなたかご存知でしたら教えてください。

  • 2014.04.21 Monday

夏野菜の準備

2014.4.20
連日、甲子園を沸かせてくれるトラ戦士たち。
ゴメスさん、久しぶりの優良外国人選手になれるでしょうか?
鳥谷さん、このまま一年間好調を続けてマートンさんと首位打者争いはいかがでしょう?

なんて、まだ早すぎますかね。

夏野菜の定番、トウモロコシと枝豆の種をまき、一週間ほどで発芽、来週あたり定植といったところです。


秋になって楽しみなピーナッツ。
生を塩茹でにしていただくのが最高です。
種をまきました。順調に発芽してくれるのを楽しみの待ちましょう。


さてさて、トラ戦士たちも秋に楽しみを残しておいてくれるでしょうか???

  • 2014.04.07 Monday

野イチゴ

2014.4.6
今年のペナントレース、今年も投高打低かと思いきや神宮では投壊、猛打爆発。
どうなってるんでしょう???


野イチゴの花が咲きました。
たくさんの開花と蕾。
真っ赤な野イチゴの収穫が楽しみです。

昨年もは長咲きましたが、あまり収穫できませんでした。
今年は・・・・
多くの収穫を祈りましょう。

  • 2014.03.31 Monday

春の足音

2013.4.30
タイガース、今年の第3戦(東京ドーム)
西岡さんと福留(あえて呼び捨て)の衝突。西岡さん、ファイトあるプレーはうれしいのですがプロ選手、体が資本です。無理は禁物では?
早く復帰出来ることを祈ります。
福留、前を見て前進しているのだから状況をよく判断してください

それにしても何度か衝突の瞬間をビデオでみせて頂きましたが、西岡さんがグラブに捕球し、転倒の際に球が飛びだしたように見えます。一塁審判はセーフのコールですが、捕球、その後の転倒によりボールが飛びだしたように見えます。この場合、打者アウトでボールデッド、そう思うのは私だけでしょうか。

寒かった冬が終わり、間違いなく春がやってきました。桜もそろそろ満開が近いようです。

我が家の家庭菜園もはるが近くなりました

タラの芽
さてさて、収穫まじかです。
田セリ
もとは3本だった苗、一年でたくさん株分かれしています。
野イチゴ
去年も紹介しました、野イチゴに蕾がつきました。昨年はあまり収穫できなかったのですが、今年は期待できそうです。

トラは期待できるかな????

  • 2014.03.20 Thursday

芽が出ました

2014.3.18
週末、帰省などがあり畑の様子を見ることが出来ませんでしたが18日、出勤前に畑に行ってみました。

先週種まきした夏野菜はまだ発芽が始まっていませんでしたが、トンネル仕立ての春野菜は芽吹いていました。


ホーレンソー、コマツナ、京菜、二十日大根、冬を耐えていたサニーレタス(1本だけ移植)、ダイコンとそろって発芽しています。
楽しみですね。

お目覚めのトラ戦士は昨日のオープン戦、12安打でロッテに競り勝ち。
しかし、得点が4点とは情けないですね。
今年も「貧打」なのでしょうか

そんな中、大和さんが4安打。
芽が出て来てほしい一人ですね。

  • 2014.03.10 Monday

春の畑仕事

2013.3.9
それにしてもタイガース、オープン戦に勝てませんね。いまだゼロ勝ですか。阪神が勝った日にディリー新聞を買うことにしていますが、今年はまだ購入していません。すみませんディリー新聞社さん。

少しだけ春らしくなってきたので農作業がはかどりました。
夏野菜の種播き

ミニトマト、ナス、シロウリ、マクワウリ、ゴーヤ、ヘチオク、ソーメンカボチャの種を播きました。5月の連休過ぎには植え付けられるよう、育ってほしいものです。

ジャガイモの植え付け

男爵とメイクイーン、それぞれ1列づつ植え付け。3月、芽が出た頃に遅霜や雪が降ったりすることがあるので心配ですが、無事育ってほしいですね。

春野菜

ダイコン、二十日大根、京菜、コマツナ、ホーレンソーをトンネル仕立てで種を播きました。順調に育てば4月上旬から収穫ができるはずです。

3月になっても寒かった今年、やっと仕事が出来ました。

オープン戦、寒い試合が続いているタイガース、春は訪れるのでしょうか。

  • 2014.03.05 Wednesday

セリの芽生え

2013.3.2
2月、大雪が続いた週末でした。
トンネル栽培の春ダイコンや葉物野菜の畝作りがはかどらず、やっと3月1日、種まきを!と思ったのですが今週は寒波がやってくるという天気予報なのであきらめて翌週にすることにしました。

セリの芽生えです

3月、暖かい日を期待します。
昨年のセリ、順調に芽吹いてきました。少ししかないですが収穫時期が楽しみです。

トラ戦士、オープン戦が始まりましたがこちらはあまり期待できそうにないようです。

  • 2014.02.13 Thursday

セリの植替え

2014.2.11
建国記念日、先日の大雪もかなり溶けてきましたがまだ畑を耕すことは出来ません。

以前、秋田の友人から頂いた「きりたんぽ鍋セット」に入っていた根付きのセリ、メダカの水槽に活けておいたら芽を出しました。

それを別の容器に移し替えました。

玄関の中なのでちょっと徒長した葉や茎ですが暖かくなったら外に出しましょう。

トラ戦士たちのキャンプが無事終了し、オープン戦が始まる頃にはもっと大きくなることを祈って、トラの若手が育つことを祈って。

  • 2014.02.12 Wednesday

雪の日の畑

2014.2.9
関東地方に大雪が降りました。
この季節、太平洋側に発生した低気圧と上空に居座る冬将軍のおかげで畑は一面の雪化粧です。

春のジャガイモの植え付けやビニールトンネルでのダイコン作りに、畑を耕し、畝作りをしたかったのですが来週に延期です。

寒い中、小屋でトン汁を作りました。
本来なら里芋を掘り出して「芋煮会」と行きたいところですがこの雪では無理ですね。スーパーで食材を調達してトン汁を作りました。
おいしいですか?
肉を提供してくれた人です。
いっぱいお召し上がりください。

  • 2014.02.04 Tuesday

春と勘違い

2014.2.2
暖かいこの何日か。
春になったのではないかと勘違いしてしまう。

先日、霜にやられたカリフラワーを紹介しましたが、今度は納得のいく収穫です。



オレンジ色のカリフラワー、小粒の品種です。
小家族では1回に1個、ちょうどいい大きさです。

白は普通種。本来、もう少し大きくなるのですが今年はこれくらいで十分です。

今日からまた寒さがぶり返してきます。節分とはいえまだ2月、もうしばらく我慢の日が続きます。

トラ戦士たちもキャンプ中、オープン戦の声が聞こえるまで待ちましょう。

  • 2014.01.27 Monday

先週のこと

2014.1.19
埼玉県、春日部市。朝早く降った雪でほんの少しだけ白くなった畑です。

猛暑の夏、いつもの年なら7月10日頃に種を播き苗を育てるカリフラワー、お正月までに収穫する予定でした。
ことしの猛暑のおかげで感覚が狂ったのか種まきが7月終わり近く。順調に育ったかとおもったところ、短い秋のおかげで寒くなった11月以降、成長が遅くなりました。
おかげでやっと収穫にこぎつけたのですが・・・・

霜にやられたところが茶色く変色、おまけにカビが生えています。
一応は霜対策として葉で防寒を行ったのですが・・・・

残念です。しかし、良いところだけは美味しくいただきました。

  • 2014.01.14 Tuesday

セリの苗

2014.1.14
今年初めての更新です。

昨年暮れに秋田の友人から「きりたんぽ鍋セット」を頂きました。
美味しく頂きました。ありがとう。

セットの中にセリが入っていました。根付きです。
残った根っこをメダカの水槽に入れました。
芽が出ました

このまま、暖かくなるまで待ちポットに植え直して、水耕栽培で育ててみましょう。

そうそう、昨年夏に畑に植えたセリはどうなったろうか?
11月頃は株数も増え、来春に期待!
と思っていましたがこの頃の寒さ、頑張っているでしょうか?

週末、改めて確かめてみましょう。

セリが大きくなり、収穫を迎える頃は球界も騒がしくなっている頃と思います。
さてさて、今年のトラは如何なのもでしょうか・・・

  • 2013.12.24 Tuesday

有馬記念を研究

2013.12.22
この時期は収穫と春に向けて土おこしや堆肥作りが主な畑仕事。
ひと休みはヤーコン茶を沸かし、焼酎のお湯割りです。
土瓶や自在鉤も年季が入ってきました。



今年最後の重賞レース、有馬記念が開催されました。

畑仲間はヘボ予想に真剣です。
さて、結果は・・・・!

  • 2013.12.03 Tuesday

ハヤトウリ

2013.12.3
霜が降りるとあっと言う間に終わってしまうハヤトウリ。
今年も生食でいただき、粕漬けも作りました。(ついでに味噌漬けも)

3月のオープン戦ごろには食べられるようになります。
若トラもたくましく育ってほしいですね

今年はいつもの年より収穫量が少なかった、かなと思います。
今年のドラフトの収穫は?

食べるには大きくなりすぎた実は来年用の種に保存しますが、冬場の長期保存がなかなか難しく、途中で腐ったりしおれてしまったり。しかも、良い状態で残ったものも発芽しないものが出てきます。

ハヤトウリを真中から二つに切ると、種が出てきます(丸の中)

ウリ科の植物では種はいっぱい作りますがこいつは1個だけ。発芽するかしないかはこいつ次第だ

ふしぎですね。

今年の実のなかにこんなものを見つけました

通常は鮮やかな緑です。2本の苗を植えましたが同じ茎から右の白いハヤトウリを見つけました。(2個)

緑と白の種類があることは知っていましたが、同じ茎から出てくるとは・・・

来年用の種にとっておこうと思います。
うまく発芽してくれればいいのだけど。

  • 2013.11.08 Friday

秋野菜の収穫

2013.11.2
雑多な毎日でブログ更新がなかなかできないこの頃でした。

11月に入って徐々に冬に近付いてきます

秋の野菜を収穫し、晩酌のつまみです。

シュンキクはお浸しに、ヤマイモは短冊でわさび醤油、ほんの一握りの丹波の黒豆、そしてジャンボピーナッツ。

秋の夜長を楽しんでいます。

  • 2013.10.07 Monday

はやとうり

2013.10.6
暑かった夏、秋野菜の種まきを遅らせましたが、ここにきてやっと秋らしくなってどんどん成長しています。
しかし、やはり遅らせた分、収穫時期も遅れてくるのですね。
(当たり前か)

ハヤトウリ(昨年の画像です)

今年もハヤトウリの花が咲き始めました。

時期的には昨年と同じころに開花が始まりました。
こいつは正直なやつです。ちゃんと季節になれば実をつけることでしょう。

楽しみにしましょう。

若い実は生食
適度に育った実は今年も粕漬けにしようと思います。

  • 2013.09.24 Tuesday

彼岸花

2013.9.22
今年は猛暑が続き、彼岸花の咲くのも送れるのか、と思いましたが、秋の彼岸に合わせて満開になりました。たった一週間くらいで散ってしまうのにちゃんとその時期になったら咲く、まさに彼岸花ですね。


昔、幼いころにはお墓に咲く花、とか毒花とか言われあまり好きにはなれなかった花でした。

この球根にはネズミやモグラが嫌う毒素を持っているそうです。それで昔は土葬だったお墓の周りに植えられていたと言われています。それで「幽霊花(ゆうれいばな)」などとも呼ばれていたようです。

また、田んぼの畦道にも多く見られました。ネズミ・モグラ除けだったのですね。

学生の頃、友人から1冊の童話を紹介されました。
「花咲き山」です。
作:斎藤隆介、絵:滝平二郎、出版社:岩崎書店

  この花は、ふもとの 村の にんげんが、
  やさしいことを ひとつすると ひとつ さく。
  あや、おまえの あしもとに さいている 赤い花、
  それは おまえが きのう さかせた 花だ。


「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」とも呼ばれます。サンスクリット語で「天に咲く花」という意味だそうです。「おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降りてくる」という仏教の教えもあるそうです。

  • 2013.09.10 Tuesday

秋の畑仕事

2013.9.8
玉ねぎの種を蒔きました。

例年、8月末ごろですが、猛暑のおかげで玉ねぎの種まきも遅らせました。
多少、秋の気配が見えてきたので大丈夫かなと思いますが、一週間くらいで発芽が始まれば、今週末にまた暑さが戻ってくるという天気予報が気がかりです。

今年は3種類です。

極早生白玉1号
玉は純白の偏円球で、暖地の一般白玉種に比べて厚玉で、太り、玉しまりに優れる。辛みが少なく、サラダなど生食に適する。(タキイ)
3月後半から収穫が期待できそうです

フレッシュレッド
中晩生種で5月下旬から収穫し9月まで貯蔵可能。 球は赤タマネギには珍しい甲高球でボリュームあり。(タキイ)
例年、赤玉ねぎは畑仲間から苗を譲っていただきます。通常の赤玉ねぎはまん丸でなく、平べったい感じ。今年はまん丸に挑戦します

春いちばん
暖地で3月中旬から、中間地でも4月初めから収穫可能な超極早生種。扁平球少なく球形に近い甲高の250g前後のタマネギが揃って収穫できる。(タキイ)
これも極早生種です。畑仲間のみなさんより少し早く収穫し、分け合います。そして来年の秋、通常種で吊るし玉にしたものをみなさんからわけていただきます。

それにしても、9月に種まきし、11月ころ植え付け、収穫が来年の4月から6月ことまで。なんと育成に長くかかることでしょう。

極早生の藤波くんは別として、伊藤隼くんなどは育成にまだまだ時間がかかるのでしょうか

  • 2013.09.09 Monday

秋の畑仕事

2013.9.8
猛暑、ゲリラ豪雨や竜巻と異常気象と言われた今年の夏。

例年ですとお盆明けに白菜や大根の第1弾種まきです。
でも、今年はこの暑さに送らせて8月25日に第一弾の種を播きました。

9月1日、第一弾の発芽を確認して第2段を播きました。
9月8日の様子です

最初の苗を3〜4本に間引きます。

一週間の間隔で第2段を播き、現時点では生育に多少の違いがわかりますが、このあと成長するにつれてどう変化するか楽しみです。
第1弾目の収穫が終わるころ、第2段を収穫。という計画ですがはたしてどうでしょう。

間が空きすぎて遅くなるときちんと巻いてくれないし、あまり近いと収穫時期が同じくらいになる。

青虫(モンシロチョウ)除けにネットをかけました。
2ヶ月後を楽しみにしましょう。

  • 2013.08.01 Thursday

ブラックベリー酒を作りました

2013.7.31
岩田クンが頑張っているのにトラ打線は沈黙。
読売がどんどん逃げてゆく。
横浜が近付いてくる。

やっぱり7〜7月まで楽しませてくれるタイガースは今年もやっぱりそうだったのか!と嘆く。

この間からブラックベリーが黒く色づきました。
こいつは一度に熟してくれません。毎日、何個か収穫してやっと500gくらいになったので果実酒つくりに挑戦します。

収穫しながら冷凍庫に保存しておいたブラックベリー、冷蔵庫の調子が良くないのか冷凍具合が良くありません。一部、溶けているところがありました。
多く詰め込み過ぎたのかな

収穫時は真っ黒だったブラックベリー、冷凍中に少し赤くなりました。
こんなに赤くはなかったけど

写真の取り方が悪いのかな、フラッシュのせいかな、実際はもう少し黒が残っていました。

氷砂糖と一緒に焼酎に漬け込みました。
冷凍していたので結露してますが

一か月くらいで飲めるそうです。
楽しみです。

トラは、その頃は・・・・

  • 2013.07.29 Monday

いすみ海釣り大会

2013.7.28
今年も、2013「いすみ市アジ釣りフェスタ」に参加しました。


アジはどこにもいません。
昨年は1束半(150匹)を釣ったアジ。
最初の流しで7本バリに3匹が付いて、さて今年もがんばろう、と思ったのですが・・・・
アジの姿が見えません。鉛筆大のカマス君が邪魔をしてアジがいません。
仕方なく、小さなカマスを50匹ほど釣ってお土産としました。

午前船も一つテンヤの真鯛釣り。
大原沖で今週の他の船の釣果は2ケタ以上。浅場で初心者向き、今後の深場、大物狙いのために格好の練習タイム、と聞き期待を込めて参加しました。

タイは・・・・
残念ながら姿を見せません。十数人の釣り人、タイ名人のアキラさんもいます。時折姿を見せるのは手のひら大。
それでも船中、1kg程度が数枚あがりました。

エビ餌を付け、投入。水深15〜20m。確かに練習にはもってこい!だ。
テンヤの重さが軽めでも底だちがとれる。

コツ・コツと小さなアタリ、しかし針掛かりをしない。
やっと掛けても引きが弱い。タイではないな、と思うと案の定、ショウサイフグ。

そんな中で、かなりの引きを楽しんだのがこいつ。
アカメフグ

慎重にやり取りして無事タモにおさまりました。

帰宅後、検量は約1.5kg

さて、内臓や皮は取り、まさに身だけにしたフグ。
あなたは食べてくれますか?

  • 2013.07.19 Friday

夏らしい

2013.7.18
朝早くおきて家庭菜園の収穫をしました。
ニガウリ、キュウリをたくさん収穫して仕事仲間に届けました。
マクワウリ

懐かしい味がするマクワウリ(金太郎)
昔は「メロンだ〜〜〜」と喜んだものです。このくらいの甘みでも当時は美味しいと感じたのですよね。
赤いオクラ

オクラも黄色い花を咲かせ、実が付き始めました。
赤いオクラです。しかし、茹でると緑になってしまします。生でスライスして頂きます。

夏野菜がにぎやかになってきました。

  • 2013.07.08 Monday

早過ぎた

2013.7.7
七夕です。
このころの果物といえばスイカ。
かみさんのリクエストに応えて畑のスイカを収穫しました。
金のたまごです。
ラグビーボールのような実は真っ黄色。6月6日に受粉後の着果が確認できて約1カ月、通常小玉スイカは35日くらいが収穫時期とか。
ネットのどこかのページで金のたまごは30日〜35日とあったので、30日頃と思い収穫に踏み切りました。

まだ若かった

残念、まだ少し若かったようです。
真っ赤に熟していることを期待したのですが・・・
甘さもまだまだ。ただ、香りだけはスイカでした。

5個が着果したと思ったのですが、3個は途中で無くなりました。
大事にしていた2個のうち、この1個は早過ぎましたが2個目に期待しましよう。
そして、その次は普通種の小玉スイカを試してみよう。

梅雨明け、暑い夏がやってきました。
いろいろな夏野菜が収穫の真っただ中です。

  • 2013.07.04 Thursday

初物

2013.7.2
ゴーヤ(ニガウリ)、初物の収穫です

毎年、種を取って翌年の苗を育てます。
ところが今年は3月から何度種を播いても発芽しません。

仕方なく園芸店で苗を買いました。

いつも育てるゴーヤは30〜40cmもの大きさになります。
家族の人数が減った我が家では、1個を調理するのに余してしまいます。

そこで、この苗は小ぶりのゴーヤが出来るとのことで購入しました。

初物は25cmくらい。
ちょうどいい大きさでしょうかね。

その後、去年の種からやっと発芽し、ゴーヤの棚はにぎやかになりました。
暑くなる夏が楽しみです。

開幕当初の出足が鈍ったトラも読売との首位争いまで来ました。
こちらも熱くなるのが楽しみですね。
昨日は甲子園は雨、藤波クンの活躍が見られなかったわけですが、今夜も空模様が悪いのかな?

  • 2013.07.02 Tuesday

丹波の黒豆に再挑戦

2013.6.30
昨年、丹波の黒豆を育ててみましたが収穫できたのは、ほんの一握り。

今年、また友人から種を譲り受けました。
再挑戦します。

友人は、種を播くのはまだ早い!と言いますが、昨年が6月10日頃、今年は先週播きました。

見事に発芽

昨年は発芽率が3割以下、15粒ほどの種で4〜5本しか発芽しなかったのですが今年は2袋で30粒ほど、見事にほとんど発芽しました。

早速植え付けます。


長田農法とやらでは、新しく立派な根を出すよう、根を少し切って植え付けると聞きました。そうしてみましょう。

さて、今年はちゃんと収穫できるでしょうか?
それとも友人が言うように早すぎたでしょうか?

10月をお楽しみに。

  • 2013.06.28 Friday

朝採り野菜

2013.6.28
朝、早起きして野菜の収穫
滋賀県にいる長男にトーモロコシとエダマメを送りました。

朝採りは甘くて最高ですよ。
明日の午前中に着きます。召し上がれ。

  • 2013.06.17 Monday

梅酒を漬けました

2013.6.16
今年も梅酒を漬けました。
スーパーの梅のコーナー、黄色く色づいた梅が並んでいます。
しまった、遅かったか。
棚に並んでいる梅は梅干し用の熟れた実が並んでいます。
その中でもなるべく青いものを選んで購入
梅酒を作りました

梅1kgに氷砂糖は通常レシピより少なめの400g、焼酎35度を1升用意して、広口の瓶をよく洗い、熱湯で消毒。

さて、梅と氷砂糖を順に入れる。
はて、まだ梅が数個残っているのに瓶がいっぱいになった。
これでは焼酎が入らないぞ。

瓶の大きさなんかちっとも考えないで始めた梅酒つくり。
もう一回り大きい瓶に漬けるのが良かったみたい。
小さな瓶を取り出して、とりあえず二つに分けましたが、梅・砂糖・焼酎の割合は、二つの瓶で異なります。

どうなることやら。

梅はもう黄色く色づいている。畑の赤紫蘇も育って来た。
来週は梅干しを漬けよう。

楽天戦に連敗し、交流戦最後を3連敗で終わったトラ。
さ、リーグ戦はぜひとも楽しませてください。

2.5差に広がったとはいえ読売をとらえているのはトラ戦士のみ。
投手の頑張りに野手は応えてくださいね。

  • 2013.06.15 Saturday

金のたまご

2013.6.15
今日は仙台で交流戦最後のカード、楽天戦が2時から始まります。
甲子園では2つ負けている楽天、仙台で2つ頂きましょうか

金のたまごが大きくなってきました

なるほど、まだ小さいうちから黄色くなるんだ。

あとひと月ほど待ちましょう。

  • 2013.06.10 Monday

金のたまご

2013.6.9
このあいだアップしたスイカ、金のたまごではなく普通種の小玉スイカでした。(今年は黄色の小玉スイカにしました)

金のたまごはこちらです。
ラグビーボールのような楕円形
2〜3個、受粉した雌花、着果したようです。

楽しみですね。

トラの今年の金のタマゴ、藤波くんは昨日も甲子園で負けませんでした。
マートンさんのおかげで負けにはならなかったのですが、今度は勝って不敗神話を継続してほしいですね。

  • 2013.06.06 Thursday

期待していいのかな

2013.6.6
早起きして畑へ
自然交配したスイカが実を付けました。

黄金のたまご、のほうです。⇒小玉スイカでした
そのほかにも2〜3個、雌花が咲いていたのでこれは人工受粉

黄色小玉スイカにも2個ほど雌花が付いていました。

これから45日後が楽しみです。
期待できるかな?

トラは9回裏、西岡さんのサヨナラで勝ち!
読売も勝ったので0.5差は変わりありません。

6月に首位争い、しかも読売と。
このまま勝ち進んでくれると秋が楽しみですが・・・・
期待できるかな?

  • 2013.05.28 Tuesday

6月が楽しみ

2013.5.28
セパ交流戦、一つ勝ち越しました。
読売にも1.5差と詰め寄りました。
今後が楽しみですね。

ヒゲズラの外国人さんがやってきました。
背番号44番、バースさんみたいに頑張って欲しいですね。(投手として)

朝早く、菜園を覗いてきました。

トマト、ナス、キュウリ、ピーマンと夏野菜の一番果が成長してきました。
これからが楽しみです。

  • 2013.05.14 Tuesday

野イチゴ

2013.5.14
野イチゴの実が色ずいた。

花が咲きはじまたのは4月の初旬
あれから1カ月以上、暖かくなるにつれ若葉が成長し、こんもりと小さな森が出来たようだった。
何時頃実が熟すのだろう?

そう思って今朝、茂った若葉をかき分けてみるとその中でひっそりと赤い野イチゴが実っていた。

なんだ、出来ているではないか。

しかし、小さい、そして色づきもまばらである。

若葉が多い茂り日当たりが悪かったのだろうか?

思い切って実にかぶさる枝を剪定。日ざしを浴びられるようになったまだ若い実たち、真っ赤に熟してください

一個だけ取ってみる。昔と変わらない野イチゴの味がした。

  • 2013.04.15 Monday

セリの栽培

2013.4.13
先日、セリの苗を植えました。今年は株を増やして来年を待とうと思っていました。

同じことを考える人がいるのですね。
畑仲間が、新潟からセリ苗をもらったと、プランター栽培を始めました。

奇遇ですね〜〜、私も始めましたよ、と。


新潟産セリ苗を分けて頂きました。

左が苗屋さんから購入した苗、発泡スチロール箱に植えました。
右が頂いた苗です。

ともに来年を楽しみにしたいものです。

藤波クンが頑張って、新人高校生で、甲子園一勝目です。
セリも今年から収穫できないかな?

  • 2013.04.09 Tuesday

春の山菜

2013.4.9
週末の荒れた天気のあと、今朝、畑に行ってきました。

コゴミです

自生の群生と違って畑では株の大きさや育ちがまばらです。
収穫するのにも一度にたくさんはとれません。

ほんの一握りを収穫しお酒の肴になる時は小さな器にそっと盛りつけます。
そしてチビリと一杯のお酒を頂きます。

今夜は甲子園開幕か!
どうなることやら。

  • 2013.04.01 Monday

タラの芽

2013.3.31
寒い週末でした。
2月に戻ったような気温に畑仕事ははかどりませんでした。

春ダイコンのトンネル栽培は寒さに負けず順調です。ダイコンは1本に間引きました。

夏野菜の苗作り、順調に育っています。

エダマメ、トーモロコシの第1弾、発芽率は良くなかったですがなんとか育っています。そして第2段を播きました。今後、少しずつずらしながら楽しみます。


タラの芽が食べ頃です。

テンプラにしよう!
などと思ったところがこの寒い週末、我が家の夕食にはおでんが添えられました。
テンプラはお預けです。

藤波君、初回のエラーがらみの失点やその後も少し心配させてくれましたがなんとか6回を2失点で切り抜けました。しかし打線の援護なく敗戦。
初勝利はお預けです。

  • 2013.03.28 Thursday

ハヤトウリの種

2013.3.28
数年前から毎年、ハヤトウリを栽培しています。
まだ若いうち、握り拳くらいが柔らかく、生食には最適です。

たくさんとれる実のうち、大きくなりすぎたものを翌年の種用に保存します。新聞紙に包んで台所や部屋の隅、あるいは発泡スチロール箱にもみ殻と一緒に入れ倉庫で保管します。
畑仲間の何人かに同じように種とりをお願いしています。

ところが毎年、なかなか種として使えない、途中で腐ってしまいます。
それでも2〜3個は誰かの保存が成功しなんとか毎年、欠かさず栽培が出来てきました。

ところが今年は、それぞれが持ち帰った分のうち、1個だけ発芽の兆しがあるだけです。

これではハヤトウリが途絶えてしまって、酒粕の漬け物も出来なくなってしまう。
そう思ってネットで種を注文しました。
それが本日届きました。

2個、注文しました。
左の実のおしりから芽と根が出ています。まさにこれが種用のハヤトウリ。
ところが、左側は実そのものは問題ないのですが、お尻は何の変化もなく発芽の兆しが見えません。

以前から、保存状態はこのように問題ないように見えても、その後、暖かくなっても芽が出ない種がいくつもありました。

まさか、この一個もその部類に入るのではないでしょうか?

もしかして、これが発芽しなかった場合、ネット販売の種屋さんはどうしてくれるのでしょうね?(発芽率する、しないといった記述はなかったと思います)

ま、もう少し待ってみましょう。

「ウリ」を栽培した経験をお持ちの方はわかると思いますがキュウリやシロウリは1個からたくさんの種が取れます。
しかし、ハヤトウリはこの1個の実のなかに1個の種子がはいっているだけなのです。

そして、多年草ですから、根っこが残っていれば翌年も芽吹くわけですが関東では寒すぎて冬を越すのは無理なようです。

秋、ハヤトウリの収穫や漬けものつくりが報告出来ることを祈ります。

トラ軍団も秋に素晴らしい報告を待っています。

  • 2013.03.15 Friday

寒い朝

2013.3.15
昨夜から気温が下がって、今朝の埼玉県春日部市はたぶん氷点下の気温になったのではないかと思います。
3月に霜が降りることは珍しいことではありません。
しかし、困ったことが一つ。

先日報告したビニールトンネル栽培のダイコンなど春野菜です。
芽が出始めています
ダイコンの双葉
このころはまだまだ寒さ・暑さに弱く、昨夜から今朝にかけての寒さに耐えられたでしょうか?
それが心配です。

先週の暖かさに順調な発芽を喜んでいました。
今日あたりから暖かくなりそうです。来週は春らしい日が続くようです。
先週ではなく、今週末に発芽が始まってくれるとよかったのに、種まきを一週間狂わせた先週の暖かさでした。

若トラくん。キャンプからオープン戦でのちょっとした働き。
レギュラーを取った!なんて勘違いしないでくださいね。試練は続きますよ。気を抜いて怪我などしないよう、じゅうぶん自分管理をしてください。
監督・コーチ陣、成長具合を見誤らないで下さいね。

  • 2013.03.11 Monday

エダマメとトーモロコシ

2013.3.10
先週種を播いたダイコン、京菜、二十日ダイコン、ホーレンソーは一週間で無事発芽が始まった。先週、季節外れの暖かさが何日かあり期待していたが想像通り芽が出てきました。一ヶ月後、4月中旬から末くらいまでが収穫時期となります。
春のビニールトンネル栽培は成長が早く、少し遅れるとトウ立ちが始まります。

4月はペナントレースも開幕ダッシュが期待が気になる頃、今年は期待が持てるのでしょうか?



エダマメとトーモロコシの種を播きました。
毎年、1〜2週間ずらしながら3〜4回くらい種を播きます。これが今年第1弾目。
さてさて、うまく芽が出てくれるかな。

うまくいけば発芽後、エダマメは露地で、トーモロコシはこのビニールトンネルで育てる予定です。

こちらは収穫時期は5月末から6月に入った頃を予定しています。
さてさて、どうなることやら。

プロ野球は交流戦の最中ですね。
さてさて、こちらもどうなることやら。

  • 2013.03.04 Monday

畑日記

2013.3.3
今年の春夏野菜の栽培がはじまりました。

ビニールトンネルで春のダイコン、京菜、二十日大根、ホーレンソーの種を播きました。

京菜や二十日大根は4月の中旬には収穫を迎え、下旬にはダイコンが収穫できます。
春の野菜は成長が早くて、ちょっと油断すると花芽を持ち始めるので急いで収穫し畑仲間と分け合います。

ジャガイモも植え付けました。

こちらは芽が出るまで一カ月近くかかる。
昨年のジャガイモは豊作で収穫量が多いのはうれしいが秋口には食べきれずたくさん芽を出してしましました。今年は少し控え目です。(こんな年に限って収穫量が減るのかな)

ジャガイモは種イモを買ってくるのが定番ですが、今年は少なめにして、多少余る畝に昨年の余りで芽を出した男爵とアンデスレッド(赤イモ)を植えてみました。比較栽培ってやつですね。
どうなることやら。

2013年、春夏野菜の栽培日記がこれから始まります。

来週の予定は夏物定番野菜の種まきとエダマメ・トーモロコシの第1弾、種まきです。
今週後半は暖かい日が来るとの天気予報。
寒かった冬が終わり春は確実に近づいているようですね。

  • 2012.12.10 Monday

2012年芋煮会

2012.12.9
寒い朝でした。霜で真っ白になった畑、霜柱が立ち、出始めたネギの苗の根が浮いてくる。白菜などの葉物が凍っています。ダイコンの地面から出ている部分も凍ります。
そして、今年もこの時期が来ました。
サトイモ、ダイコン、白菜と冬野菜の収穫時期です。原農園の収穫祭は芋煮会。
ダイコンは私の畑、サトイモは私と豊田さんの畑から、白菜は大橋さん、ネギは坂田さん、シュンキクは坂田さんと良さんの畑から持ち寄り、肉や豆腐、キノコなどは買ってきますが他の野菜は自給自足。
メンバーです
唯一の女性仲間を含めまるで老人会みたいですね。(失礼)

完食です。
早朝からコトコトと煮たサトイモは柔らかくねっとりして美味しくいただきました。ダイコンやハクサイを加え煮ます。ここの芋煮は豚肉の白みそ仕立てです。
畑仲間の一人は出席出来ませんでしたが8人とゲストがお二人。大なべ2回分、きれいに完食でした。
土瓶で沸かしたお茶、今日はゴーヤ茶。焼酎のお茶割です。

いつまでもこうしてワイワイ、ガヤガヤと野菜を作り、お茶や暑い時は冷えたビール、冬は焼酎お茶割を飲みながらの家庭菜園。
元気なうちはいつまでも続けたいですね。

  • 2012.12.04 Tuesday

ジャンボニンニク

2012.12.4
春に収穫したジャンボニンニク。
玉ねぎのように1個だけしか収穫できないという噂は間違いで一株からほぼ4個の玉が出来ました。

そのうち1個づつは翌年の種用として保管し10月に播きました。

収穫した時、食用になる部分の他に茶色い燐辺のようなものがいくつかくっついています。
これを植えても芽が出るだろうか?
出ました。

これが成長して来春、どんなニンニクになっているか楽しみです。

予想としては、食用にすするには小さく、次の年の種用ではないかと思います。
そうすると、この燐辺のようなものは一株からいくつか収穫できるので、2年後の種が出来るということですよね。
そうすると、収穫したニンニクは翌年の種用を確保しなくても良いわけだ。

本当にうまくいくのかな???
大切に育ててみます。

トラのドラフトクンたちの入団発表がありました。
監督やコーチ、球団の皆さん、未来のエースや大砲として、いやゴールデングラブが取れるような選手として大事に育ててくださいね。

  • 2012.12.03 Monday

ヤーコン

2012.12.2
以前、ヤーコン茶を作っているというレポートをしました。
今回は、食用にするイモの部分です。

昨日(12月2日)の朝、春日部地方はたぶん、この冬でいちばん寒かったのではないかと思います。そして今年初と思いますが霜柱がびっしりと畑を覆っています。

ヤーコンの葉は霜にやられ枯れてしましました。黄色い花をレポートしたかったのですが花が咲く前に枯れてしましました。

地上部が枯れたのでさっそくイモの収穫です。
ほんとうにダリアのイモのようですね

このイモは掘り上げて一週間くらい常温で保存しておくことで甘さが増す、そうです。

来週は畑仲間の芋煮会(収穫祭)、美味しくなるよう堀上げて保存しておきましょう。

  • 2012.11.19 Monday

モノになるかな?

ハヤトウリの酒粕漬け

今年もたくさんのハヤトウリを収穫することができました。
これを早々、漬けものにします。

1週間塩漬けをしたもの。

漬ける量が少量のため重しが均等にかからないのでしょう、ムラがあるのが気にかかります。

これに砂糖をまぶします。

砂糖は「ざらめ」を使うのですが今回は「きび糖」にしてみました。
塩漬けのしょっぱさと砂糖の甘さがじっくりと粕床の中で混ざりあい、半年後にはおいしい漬けものになるはずです。

砂糖をたっぷりとまぶしたあと、粕床に漬けます。

この粕床は去年の夏、シロウリをつけたもの。シロウリを食べたあとの残り床にハヤトウリを漬けます。

懐かしい母親の味が再現できるよう気持ちを込めて漬けこみます。
半年後が楽しみです。

トラの新人も愛情込めて育ててやればモノになるでしょうか?
春が楽しみです

  • 2012.11.12 Monday

ひと休み

携帯からのアップ、なんとか出来ることが確認できました。
「お試し」に続いて「ひと休み」をアップしようとしましたが、これはうまくできませんでした。

「お試し」の画像、表示サイズの管理ができていなく、画面をはみ出してしましました。

「ひと休み」は画像が100kを超えたためNGだったようです。

携帯での撮影時、画像サイズを管理する必要があることを痛感しています。少しずつ進歩したいと思います。



家庭菜園仲間が集まって、貸農園の一面を共同運営しています。
そこで、「お試し」にあるような、冬は暖をとり、お茶を沸かし、年末の「いも煮会」(収穫祭)などに利用しています。

仲間の中で唯一の女性メンバーが「ムカゴ」(ヤマイモの実)を採集し、「ムカゴごはん(おにぎり)」を作ってくれました。
皆で昼食会です。

やかんでお茶(今回はヤーコン茶)を沸かし、焼酎のお湯割り。
おつまみは2年もののキュウリの古漬けと昨年漬けたハヤトウリの酒粕漬け、など。

さて、今年の「いも煮会」はいつにしましょうか?

  • 2012.11.05 Monday

丹波の黒豆

2012.11.3
丹波の黒豆を収穫

昨年、関西の友人から頂いた丹波の黒豆の味が忘れられなくて種を探していたところ、所沢に住む友人から種を分けてもらったのが5月。

6月に種を播いたが発芽率が悪く数本を2回に分けて栽培。
8月後半に花が咲き始め、10月にやっとサヤができ始めたのだが、茎や葉の威勢の良さに比べ実の付きがよくなかった。

関西のどこかの球団のように土壌が悪いのか、育て方が悪いのか。

そして11月に入ってついに収穫。10数本の株から収穫できたのはこれだけ。

とりあえず晩酌のお供には最高の味を提供してくれたもののあっという間に食してしまいました。

所沢のコン太さん、来年も挑戦しますか?

トラを愛することは来年も続けますが、黒豆の栽培は???
ま、若トラが成長し、結果を出すことを夢見ながら来春まで待ちましょう。

  • 2012.11.02 Friday

ハヤトウリ

2012.11.2 富士山
昨夜から北風が吹き、放射冷却もあって関東地方、朝の空気は澄み渡っていました。
通勤電車から見える富士山がきれいでした。ついひと月前はまだ雪が降っていなかったようですがここにきて秋から冬の装い、白く雪化粧です。

各地で紅葉の話も伝わるようになりました。暑い夏でしたから、紅葉が順調にすすむのか心配でしたが、どうやら大丈夫のようですね。

秋の気配がます頃、家庭菜園もにぎやかになります。

ジャンボピーナッツ
先日、落花生の収穫を報告しましたが、今年は千葉産のジャンボピーナッツを栽培しています。普通種より一回り大きなピーナッツです。

写真の上の3個がそれ。(違いがわかりますか?)

とりあえず試して掘り上げましたがこのサイズである程度の収穫があるならこちらのほうが効率がよさそうですね。

ハヤトウリ

10月17日、雌花を咲かせていたハヤトウリが取り頃になりました。
当面はサラダなど生食や塩麹で一夜漬けを楽しみ、もう一週間のすれば最盛期、このころに収穫したものは一週間ほど塩漬けにしたあと酒粕に漬けこみます。

3ヶ月くらいで食べ頃です。来年、球春のころ若トラが張り切っているのを楽しみにして味わいます。
また、半年くらいおいた方が味がまろやかになります。近頃のトラ軍団は春先だけは調子がいい。このころも気持ちよく味わいます。

粕漬けはその後も楽しめますが、トラ諸君、秋まで楽しませてください。

  • 2012.10.30 Tuesday

収穫の秋

先週の週末は仕事に追われ農作業ができませんでした
近頃は気持ちのよい秋を感じさせ、適度に雨も降ってくれました
29日の朝、畑を覗いてみると、この一週間で見事に成長しています
8月の暑く、少雨に播いたダイコンがやっと収穫を迎えました

ほかにも収穫物が盛りだくさん

小カブ
薄くスライスして簡単一夜漬けにしましょう

二十日大根
赤い二十日大根と白い小カブ、緑は間引きのダイコン葉があるからこれらをミックスして塩麹に漬けてみましょう

シュンキク
さっとゆでていただきます。香りがよく、とても柔らかいですよ

黄二ラ
普通の二ラを刈り取り、黒いフィルムで覆った箱を被せると今の時期なら2週間で収穫できます。ワカメと中華スープでいただきます

ワケギ
秋のワケギは今のうちに。寒くなると冬ごもりに入ります。来年春、また収穫です

水菜
漬けもの用の大株もいいけど生食をサラダ用に

ホーレンソー
この時期はまだ気温が高く成長も早い。やはり霜が降りる頃のしっかりした株になった方が味わいがあるのかなと思います

これから暮れに向けていろいろな野菜が育ちます。
育て、若トラ。

  • 2012.10.01 Monday

丹波の黒豆

6月に種を播いて、8月後半に花が咲いた丹波の黒豆、10月に入って収穫時期が気になります。

普通のエダマメと同じくらいの間隔で植えました。
こんなに込み合って、普通種の何倍もの背丈に成長しました。

葉っぱが多い茂るのは窒素系の肥料が多かったのでしょうか?


普通種のエダマメと違って全然、実がついていません。
開花や結実を促すというカリ成分が少なかったのでしょうか?

どちらにしてもこの様子では美味しい丹波の黒豆のエダマメはいただけそうにありませんね。

土壌が悪いのか育て方が悪いのか、どこかの球団みたいに。

  • 2012.09.27 Thursday

ゴーヤ茶

神宮球場は初回から5点をプレゼントしたのでは勝てないですよね。
中盤、追い上げて期待を持たせましたがさらに突き放される結果に終わりました。
金本さんのホームランだけが唯一の盛り上がりだったのでしょう。

金本さんの先発を期待してライト外野席の前のほうを予約して観戦していた女房と次男坊。マートンの後姿でがっかり。(マートンさん失礼)

神宮球場の外野指定席はかなり窮屈だそうです。隣の人とお尻がぶつかるとか、ま、女房のケツが太いからでしょうね。

神宮は2万人に満たない観客、自由席がすいているのでそちらでゆったりと観戦したようです。

さて、昨日はヤーコン茶を紹介しました。
今日はゴーヤ茶(にがうり茶)です。


ゴーヤを縦に切り、種とワタを取り、薄くスライスして天日で干します。(種や果肉も一緒にしいても良いようです)
3日くらいで乾燥しますのでこれをフライパンで炒ります。
すると香ばしい香りのお茶が完成します。

ゴーヤ茶はいろいろなビタミンが含まれ、血圧、高血糖、高コレステロール等が抑えられ生活習慣病予防に効果があるほか、食物繊維やリノレン酸のおかげでダイエットにも効果があるようです。

まるで3割・30本・30盗塁の4番打者。
金本さんが広島時代に記録しました。史上7人目はこの神宮で達成したそうです。
新井さんにこの記録を願うのは酷ですね。

  • 2012.09.26 Wednesday

ヤーコン茶

ヤーコンという野菜を栽培しています。野菜と呼んでいいのだろうか?南米アンデス地方原産のキク科の多年草で根を食する。とあるから花卉に近いのかも知れない。秋には小さいが黄色く、まさに菊のような花が咲きます。



ダリアの根のような、イモのようなところを収穫して食します。オリゴ糖が多く含まれ、甘みがあり生食では梨のような味、食感です。
キンピラのように炒めてもおいしくいただけます。

この葉を摘み、蒸し器で蒸かし、絞ると濃い茶色の灰汁が出ます。その後、葉っぱを一枚ずつ広げ天日干しをして「ヤーコン茶」を作ります。



オリゴ糖の一種が糖尿病や高血圧に効果があるということです。
父親が脳血栓で倒れてもう数十年、半身マヒしてますが一人で暮らしていて、この2〜3年、気休めですが飲んでもらっています。さて、効果があるのやら。

家ではこのお茶は焼酎を割るのに使います。
薄い黄緑っぽい色のお茶で、ほんのり苦さがあり、無味無臭の安物焼酎が味わいのある焼酎になった、と思いながら呑んでます。

初夏の若い時期の葉っぱで何度かお茶を作りました。霜が降りる頃には葉が枯れるのでそろそろ今年最後のお茶を作ろうかと思います。

今日、女房と次男坊は今年最後の神宮にトラの応援に行きます。
彼らは金本さんの最後の姿が見たいとレフトスタンド前列に席を取ったようです。
昨日は負けたけど今日は勝ってほしいものです。
父親は一人でヤーコン茶割の焼酎を吞みながら留守番です。
神宮なのでネット放送もなくひとりさみしくのんだくれます。

  • 2012.09.18 Tuesday

2012.9.17ソウメンウリ

かがく2012.9.17
以前紹介したソウメンウリ(金糸うり)です

左のラグビーボールのような形が本来のソウメンウリ、右はまさに普通のカボチャのように見えます。

こいつを料理してみました。
ソウメンウリは輪切りにして種の部分を取り出し、茹でるとこのように果肉がソーメン状態になります。
酢のもの、サラダに最適。普通のソーメンと同じようにソーメンつゆでいただいてもいけます。

そして、カボチャのようなもの、やっぱりカボチャでした。


お味は?
味付け次第でしょうが、ホクホクしてGoodでしたよ。
でも1本の株からなぜこの2種類が・・・
本物のほうの種を確保しました。来年が楽しみです。
どんな実がなるでしょうか

  • 2012.09.10 Monday

復活の予感

高卒の岩本君が61年ぶりのプロ初登板、初先発勝利!
上本君、大和君たち若手の1〜2番が頑張っている。
ウエスタンでは歳内君が8回0封!

若手が頑張り、世代交代を期待して、来季の強いトラ復活に願いを込めましょう。


ピーマンにホウズキカメムシとかと言う害虫がつき、何度も駆除するものの樹液をすっかり吸い取られ無残な姿でした。
弱った枝を思い切り剪定して害虫を退治しました。


見事、復活の予感がします。

例年、霜が降りても収穫が続いたピーマン。
これからまだまだ暑い日が続きますが復活を祈りましょう。

  • 2012.09.03 Monday

久しぶり

2012.9.2
埼玉県春日部市で久しぶりに雨が降りました。カラカラに乾いた畑に少しですが潤いが戻りました。
しかも、秋冬野菜の種まきや苗の植え付けを行ったばかりなので大変助かっています。

借りている菜園には水道設備がありません。しかし、園の中央付近に農業用水が流れてくる側溝があり、なんとか間に合わせていましたが、水田もそろそろ稲の花が咲き農業用水も止まってしましました。

そこで、かろうじて流れている別の側溝から水をくみ上げるのですがなかなか大変です。
そこで活躍してくれるのが太陽の力


太陽光パネルにバスポンプを接続して側溝から水をくみ上げます。

太陽の恵みをありがとう。
しかしこの作業はお日様がカンカンに照っている時に限ります。つまりめちゃくちゃ暑い!ということです。

これから涼しくなってもっと活躍してくれるでしょう。

甲子園にも秋風が吹くころ、若手たちが活躍してくれるのかな?

  • 2012.09.03 Monday

食えないやつ・その2

先日、食えないヘチオクラを紹介しましたが、収穫時期にヒントが見えました。大きさよりもさわって、弾力があるようなら大丈夫なようです。


外の皮は固いようですが、押してみると弾力があります。輪切りにしてみると内部も真綿のような感じでタネもまだ生育していません。


指で押しても固くへこまない状態になるとこんな風に内部はヘチマタワシ状態。もっとも包丁を入れる時からゴリゴリしていて切るのも大変です。

これで収穫時期を誤ることなく栽培を楽しめそうです。

鹿児島県出水市では特産のようです。
埼玉県春日部市の家庭菜園でも愛される食材になるよう育ててみたいですね。

  • 2012.08.29 Wednesday

食えないヤツ

ヘチオクラをまたいただきました。大きさや外見は前回と同じでした。
固い皮をむき、輪切りにして他の野菜と炒めました。
でも、前回とちょっと違います。



これは食べられない。
種が前回より大きい。果肉の繊維質が固い。まるで普通のヘチマのような、あのタワシの代用となる果肉です。

見た目に同じようだったのですがこれは収穫時期を見極めるのが難しいようです。今シーズンはそろそろ収穫も終わりのようで、種取りを行っているので来年また栽培予定です。じっくり観察してみようと思います。

さて、トラはDeNAに負けた。
同点の8回、和田監督は榎田を指名、ラミレスのツーランで負けた。
和田の采配が議論されるところですね。昔の名前で出ている人を外せない、セオリー通りがお好きな監督。このところ若手を起用したり不調なあの人を外したり来期に向けての采配かと思われても、やはりエノキダくんに頼りすぎ。もし、同点なら球児だったのでしょうね。

ワダの采配も食えない。

  • 2012.08.27 Monday

花が咲いた

2012.8.25
丹波の黒豆の花が咲いた



通常のエダマメは4月ごろから種を播き始め、60日くらいには花をつける。
この黒豆は6月になって種を播いた。
種があまり良くないのか発芽率が悪かった。
なんとか育った何本かに、75日以上かかってやっと花が咲いた。
もっとも「丹波黒豆のエダマメ」として販売されるのが10月だから成長に時間がかかるのだ、と思っていいのかな。

産地である丹波の生産者は「丹波でしか出せない味」という。
やはり環境や土壌の違いで成長に差が出て、本物は育たないのかも知れない。

トラの球団も若手が育たない。
タネが悪いのかドラフト上位もなかなか芽が出ない。
環境が悪いのかなかなか本物に育たない。
それとも、もともと「球団」という土壌が悪いのか?

ま、気を長く待ちましょう!

  • 2012.08.20 Monday

2012.8.18ヘチオクラ

「ヘチオクラ」ってご存知ですか?
ヘチマとオクラをかけ合わせたものだそうです。
家庭菜園仲間、彼は鹿児島県出身です。春先から「ヘチオクラ」を栽培するとうるさく言っていました。

ヘチマは沖縄地方でよく食用にされていますが、花が咲いて3〜4日の若い実を食するようです。
オクラは毎年菜園で作っていますがこれも花が落ちて2〜3日で収穫しないと固い筋ができ食感が悪くなります。

ですから、ヘチオクラも若いうちに食するものだろうと思っていましたが、畑仲間のおじさんはある程度大きくして食べるというのです。


これが収穫前の状態です。
サイズがわかる何かを添えて撮影すればよかったかな
これで30cmくらいの長さ、直径が5〜6cmです。
もう少し置いて収穫予定です。

先日、このヘチオクラを頂き、恐る恐る調理してみました。

10角形のようになった皮は結構固く、中の白い部分が出るまで皮をむきます。そして他の野菜と一緒に炒めます。
味付けはいつものように塩麹だけ。



なかなか美味です。
ヘチオクラ自体にはくせのないものですが適度に出汁を吸いこんで、とろりとした実に美味。

早々、菜園仲間に来年用の種とりをお願いしました。
新しい野菜仲間が増えました。

  • 2012.07.31 Tuesday

困ったピーマン

2012.7.31
ピーマンにびっしりとくっついた虫。
ホオズキカメムシと言うらしい。ピーマンの実を食べてしまうことはないが大群でやってきて幹から水分を吸う。やがて株が枯れてしまうそうな。
退治方法としてWebでサイトを検索すると、バケツに台所洗剤の溶液を作り、そこに虫を落として水死させるのが良いと紹介されていた。
早速、実行。バケツの溶液の底には大量の虫が沈んだ。
しかし、バケツの脇に落ちた虫たちは、その場から逃げようとはしないでまた、ピーマンの茎をよじ登る。



一般的な家庭菜園用の殺虫剤があったので溶液を作り、地面に落ちた虫に散布するが彼らは知らんぷりして茎をよじ登る。薬は効いていないようだ。

枝や葉にある程度集まったところで再度、バケツを置いて幹をゆする。またまた大量の虫が落ちる。
何度か繰り返したが完全に除去できないが、本日はここまで。

数年間、ピーマンを育てているが、過去にホオズキカメムシが大発生したのは今年が初めてだ。

  • 2012.07.26 Thursday

ひまわり

8月初旬に誕生日を迎える友人がいます
ひまわりが好きな人でした

誕生日に抱えるくらいのひまわりの花束を届けるのが夢でした

畑にひまわりを植えました
6月から7月にかけて大きな花が咲きました

でも、8月の誕生日を待たずして花は終わってしましました。来年は8月に満開を目指して育ててみようかと思います

花が咲き終わった後には種が残ります
きれいな幾何学模様に種が並びます



畑にヒワがやってきました
ひまわりの種に集まってきます



大きくなりすぎたさやえんどうはグリーンピースで!とおもったらスズメの餌食です
収穫時期のキュウリやトマトがカラスにかじられるのは溜まりません
トーモロコシにはハトがきます
冬になって山に食料がなくなった頃にはツグミやヒヨドリが葉物野菜に集まります

でも、今の時期のヒワは歓迎します
暑い日差しのなかで「チッ、チッ」とさえずりながらやってきて羽根の黄色いラインがかわいらしく思えます

  • 2012.07.24 Tuesday

ブラックベリー



ブラックベリーはひと房に数個の実をつけます。しかし完熟してゆくのは1個づつ。つまり、全部収穫するのに数日かかるという訳だ。

ジャムを作ってみようと思います。ネットで作り方を検索してみると、ブラックベリーは熟れた順に収穫し、洗って冷凍しなさい、と。

なるほど。順次収穫しながら冷凍庫に追加して保存する。そしてすべての収穫が終わってからジャム作りに入るわけだ。

さて、どんな出来栄えになるかはお楽しみに。

  • 2012.07.23 Monday

2012.7.22鈴なり

家庭菜園にはいろいろな仲間がいます。
今年、カボチャ作りに挑戦した人がいます。
小玉のカボチャ(品種は解りません)、1株を親ツルと子ツルの3本仕立てで育てているそうです。



そしてこの出来栄え。
写真では見えないですがなんと21個のカボチャがぶら下がっています。
多すぎませんか?
収穫時期のものを1個頂きました、ごちそうさま。

  • 2012.07.23 Monday

2012.7.21自給自足



畑で採れたゴーヤを調理しました。
赤いのはパプリカ(赤ピーマン)、今年は豊作です。
写真ではよく見えないけど黄色いのは二ラ(黄ニラ)、普通の二ラに黒フィルムで遮光した箱を被せ、今の時期なら一週間程度で収穫できます。

卵は購入したものですが他の食材は菜園で採れたもので作ったものです。

そうそう、味付けは「塩こうじ」だけ。今年はうまく育ったニンニクをスライスし、フライパンで炒めて香りをつけ、食材を放り込んで、塩こうじを加えてさらに炒めるだけの料理。

この塩こうじも自分で作りました。(もっとも米麹を買ってきて水を加え発酵させただけですが)

4番やエースを一杯集めて勝つどこかの球団ではなく、自前の選手が育って勝ってほしいトラ軍団。
広島から来て頂いた過去の4番もそろそろ限界、次の4番は弟に抜かれそう、外国から来て頂いた方々もさみしい成績。
頑張れ生え抜き。

  • 2012.07.17 Tuesday

2012.7.16悩んだあげく



小玉スイカがそろそろ収穫か?
6月5日に受粉してそろそろ40日、収穫しようかどうか悩む。
音を聞き分けたり、黒い縦じまが濃くなったり、スイカの底のくぼみが・・・と、各種の取り時を紹介してくれているのだがどれをとっても実感が湧かない。

40日前後、という話を信じて収穫に踏み切った。



見事、この真っ赤に熟したスイカ。

夕食後、頂く。
ちょっと待て、色は抜群だが甘みが少なく感じる。
そういえば、受粉してピンポン玉の大きさとなり、やがてそこそこの大きさに育つ頃、低温の時期が続いた。6月5日から16日までの約10日間、25℃を超えたのは4日だけ(東京)、最低気温が15〜16度などという日もあった。
その分、成長が遅れ、甘みが増してこなかったのだろうと推測する。
やはり過ごした日にちだけでも無理か?



6月23日から7月1日ころには人工受粉だけでなくミツバチ等による自然受粉もあり一挙に数個が立派に着果した。確かにこのころは気温もあがり果実がみるみる大きくなったようだ。
今度はこれらの収穫をいつにしようか、また悩むのかな。

ここのところ駄目トラになったようだが、甲子園に迎えた読売を撃破してほしいと願うのだが、負けた。
トラが勝った!負けた!で悩むのも疲れる。

  • 2012.06.25 Monday

2012.6.23畑

夏野菜が育ち、収穫の時期となりました。
玉ねぎの収穫を終え、吊るして保存する。秋まで食べられるちょうどいい収穫量になりそうだ。
ジャガイモは2週間くらい前から手探りで大きいイモだけを取りながら新ジャガの味を楽しみ、そろそろ茎も枯れ始めたのでまず、男爵を掘り起こす。ま、そこそこの出来と見た。メークイーンとアンデスレッドは今週末。

野菜の育ちは早い。キュウリ、ナス、インゲンと日々の収穫が続く。

トーモロコシを収穫。ひげが茶色く色付き”収穫だよ”と知らせてくれる


朝どりのトーモロコシは甘い。とい言われ、早朝に収穫をする。お日様に当たると甘みが逃げていくそうな。
しかし、収穫してすぐに茹でるとかすればいいのだが、このまま夕方までおいても甘いのだろうか?疑問が残る。
(ま、夜食べて評判がよかったので良しとするか)

ニガウリの雌花が付いた


これから7月に向けて収穫が楽しみですね。
でも、今年の6月、少し気温が低いような気がする。スイカなど発育が遅いような気がする。

  • 2012.06.11 Monday

黒豆の種を播く

2012.6.10
土曜日が一日雨が降ったので農作業は休み。10日はいい天気だが昼頃になると暑くてもう作業ににならない。
これからの農作業は早朝から日が高くまでの時間に限る。
作業に疲れたら冷たいお茶(ビール?)で一休み。


丹波の黒豆
昨年、関西の友人から丹波の黒豆の「エダマメ」を頂いた。姿・形は通常のエダマメと違ってみてくれは悪い。が、うまい。
通常は黒豆として収穫するものを10月のある日、限定で「エダマメ」として出荷していようです。友人は毎年、限定販売時期に丹波まで買い出しに行くらしい。
ネットでの通販もやっているようだ。

今年は、この黒豆のエダマメに挑戦しようとしたところ、在京の友人(彼も昨年、エダマメを頂いて感激している)が市販の種を見つけてくれたので早速に種を播いた。



一袋に22粒、他のエダマメに比べて高価な種である。

さて、うまくいくものか?
栽培方法として6〜7月に種まき、早播きはいけないと書いてある。二袋を頂いたので一袋を播く。次週あたり次の一袋を播いてみよう。

コン太(在京の、種を頂いた友人)さん、収穫まで待っていてください。

  • 2012.06.05 Tuesday

スイカの受粉

早朝の畑、スイカの雌花がついた。早速、人工授粉。
うまく着果することを願う。
これから先、ソウメンカボチャ、マクワウリ、プリンスメロンと受粉の作業が毎朝のように続くのだろう。
おいしくいただくために必要な作業なのです。

  • 2012.05.30 Wednesday

2012年夏野菜、初物のキュウリ

昨日の記事はお休みしました。28日、新井のおかげでデイリーを買う気にもなれませんでした。昨日はタイガースは試合がなく、今朝は穏やかです。

早朝の畑に行って今年の夏物、初物を収穫してきました。キュウリ、ピーマンを収穫し、トマトやナスは一番果が付いてこれから成長が楽しみです。
トーモロコシの雄花がそろそろ咲きそうで、その下には雌花も覗いてきました。
スイカ(小玉)とメロン(プリンス)も子ツル3本仕立てにして不要な孫ツルを削除しました。

これからが楽しみですね。

今年最初のキュウリです
初物のキュウリ

手前にもう一本あったはずだが、気のせいか?いや、たしかにあったはずだ。

カラスやキジが食べてしまうのでネットをしましたが、借りている農園には「二本足で頭の黒いネズミ」がいると噂されています。これはネット越しでも持って行ってしまう。
始末に悪いものですね。

Go to top of page